スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Excelの表示が変!? 

お客様からExcelの表示がいつもと反対で困っているとの電話あり。

行番号、列番号がいつもとちがう、行番号が画面右側で列番号のABCが右から始まっているとのこと。

WS000000

調べたところ、異常はなく、このような機能があることがわかりました。

設定は、[ツール]-[オプション]-[インターナショナル]タブの「右から左」の領域の設定で変更できます。

「現在のシートを右から左へ表示する」のチェックを外すか、「標準の方向」の設定変更で解決できます。

スポンサーサイト

Excel2007の問題点 ワードアート 

Excel2007のワードアートは問題児です。

Wordのワードアートは前バージョン2003と殆ど同じ操作ができるのですが、Excel2007では全く異なっているのです。

ワードアートを利用する目的は、文字の回転と自由な拡大縮小(縦横比も自由に)なのだが、Excel2007では"自由な拡大縮小"が出来ません!?

Word2007や前バージョンExcel2003などで作成したワードアートをExcel2007にコピペすれば可能なのだが・・・・・ここにも問題が発生します。

 

Excel2003とExcel2007との間でワードアートを含むファイル(book)をやり取りをして経験した問題は以下の通りです。

・Excel2003で作成したワードアートを含むファイルをExcel2007で開き、何も変更せずに上書き保存(2003以前のファイル形式にて)。

・そのファイルをExcel2003で開いたところワードアートの拡大縮小が崩れていました。ワードアート領域のサイズは同じなのだが、縮小をかけていた文字は縮小が解除されたようで数文字しか見えない状態になるのです。

・そして、このファイル(Excel2003で作成した)は、元の状態には戻せないのです。

 即ちExcel2003では画面表示も印刷もまともには出来ないことになりました。

 

対策

Excel2007では正常に画面表示されるので、一見問題ないように思われますが、Excel2007には印刷面で前回触れたような問題があるのです。

 

そこで、究極の対策はpdfの利用です。

幸いなことに、Excel2007にはpdfファイルを作成する機能があるので(印刷-プリンタドライバで選択する)、pdfファイルにすれば次の2つの問題は解決されます。

 

1.今回の問題(Excel2003でワードアートの崩れ)

2.前回の問題(Excel2007でワードアートなどを含んだファイルの印刷ズレ)

 

とにかく、Excel2007でワードアートの操作をすると、何らかの問題に巻き込まれようです。

Excel2007 拡大縮小 印刷 ズレ 

「Excel2007 拡大縮小 印刷 ズレ」で検索するとトップにMicrosoftのサポートオンラインページが表示されます。

でも、ここでの回避策は全く役に立ちませんでした。

 

・1番目の回避策(プリンタの解像度を変える)・・・・何も変わらず。

・2番目の対策(倍率を100%にする)・・・・・・・・・・そうすればズレないのはわかっていますが、A4におさめて印刷したいのだから・・・・・・????

 

<解決策その1>

上記1&2を行っていく過程で思いついた対策です。

「Excelでは縮小せず、プリンタのプロパティで縮小する。」

これで、一応はA4におさめて印刷できました。

 

しかし、実はExcel2007には、更に問題があるのです。

それは、ワードアートに関する互換性の問題です。

   詳しくは次回に

どうしようもないExcel2007・・・印刷ズレ 

Excel2007にワードアートや図形オブジェクト等を配置した場合で、縮小印刷を行うと画面表示とは大幅に違った印刷結果となります。

 

オブジェクトのズレ度合いは、縮小率とページ数で異なります。

縮小率によって上にズレたり、下にずれたりなんとも不可思議な結果となります。

因みに95%縮小では下にズレますが、70%では上にずれていきます。

 

また、

1シートに複数ページにわたるような資料の場合、1ページ目では殆どズレは見られませんが2ページ目で少々、以降ページごとにズレが累積され10ページ目くらいになると5行分ほどのズレとなり、とても実用に耐えない結果となります。

 

解決策はなさそうです。

Excelでの均等割り付けについて 

Excelでの均等割り付け(インデント)で意外に知らなかったこと

 

1.文字の制限:英数字は対象にならない。

2.「前後にスペースを入れる」ことができるのは、「均等割り付け(インデント)」を選択した場合のみ使用可となる。

3.「均等割り付け(インデント)」を選択し、かつ「前後にスペースを入れる」を設定すると「均等割り付け」と"(インデント)"の表記が無くなる。

4.上記3の状態(均等割り付けと前後スペースを設定した状態)でも、インデントは設定できる。インデントを設定すると前後のスペースが大きくなる。

5.上記4の状態で、「セルの書式設定」ダイアログで確認すると、「均等割り付け(インデント)」の表示となり、「前後にスペースを入れる」はブラックアウト(選択できない状態)となっている。

パソコン知識メモについてのブログを表示する.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。