おサイフ携帯からiPhoneへの移行時の残高処理について 

おサイフ携帯からFelica未対応のiPhoneに移行する場合の問題は、
残高をiPhoneに引き継げないということです。
おサイフ携帯からおサイフ携帯の場合は残高を移すことができるのですが、
残念ながら現時点ではiPhoneはFelica未対応のため残高を移し替えることは不可能なわけです。

【対策1】 使いきるまで解約したおサイフ携帯を持ち歩く。
ソニーのICカードリーダー(RC-S370)で確認したところ、携帯電話の電源OFFでもおサイフ携帯の残高確認やチャージ(Edyの場合)も可能なことから、残高を使いきるまでおサイフ携帯を持ち歩けばよいと考えました。

◆ しかし、auショップで携帯からiPhoneから乗り換え手続き終盤に、その旨伝えると、それは出来ない(契約解除した携帯ではおサイフ機能も失われる)との一点張り!
止む無く、一旦携帯からiPhoneへの乗り換え手続きを中断し、残高を使いきってということで一旦帰宅した。

【対策2】 nanacoの残高をQUOカードに移し替える(nanacoでQUOカードを購入する)
   但し、EdyやSuicaではQUOカードを購入できなかった(セブンイレブンにて)

   ※EdyやSuicaの残高は少なかったので、セブンイレブンの買い物で残高をゼロにした。

◆ 翌日、auショップで通常の手続きによりおサイフ携帯からiPhoneへの乗り換えを完了した。


【確認】 auショップの説明(解約した携帯ではおサイフ機能が使えなくなる)が正しいかの確認した。

<その1>
・ICカードリーダー(RC-S370)でnanaco、Edy、Suicaいずれも読み込めた。
・Edyはこれまで同様 チャージも可能。
※携帯の電源OFFでもOKだが、バッテリーを外した状態では読み込み不可となった。

<その2>
・前日のセブンイレブンに行き、nanacoのポイントの移行とそれによる支払いを行った。出来た。
・店長と思しき人に事情を説明したところ、上述の<その1>に間違い無いとのことでした。

即ち、おサイフ携帯は、契約解除して通話できなくなっても、おサイフ機能は存続するということです。
(auショップの説明は間違いであった)

因みに「最新電子マネーの仕組み」によっても、今回の確認結果が正しい思われる。

スポンサーサイト

携帯アフィリエイト 

本格的に携帯アフィリエイトに取り組み始めました。

スゴワザの無料レポートをいくつか読破し、少しはお金をかけて勉強しようと有料のいわゆる情報商材も購入してみました。

その一つが「最新携帯アフィリエイトマニュアル」です。どなたかがネットで「この商材のノウハウは基礎的なことを中心に実践するための作業をステップを踏んだ形でマニュアル化してあるので、いつまでも古くはならない。」と評価されていたが、その通りのわかりやすいものでした。

情報商材というと、胡散臭いものと思っていましたが、それなりに役に立つことがわかり、更にもう一つ購入してみました。

『携帯アフィリエイト大辞典」がそれです。

お値段なりの豊富な内容であり正しい選択だったと思います。

あえて難点を挙げれば、内容が高度なため説明不足と感じられる箇所がいくつかあることです。

 

苦心惨憺の成果が↓です。

qr_keitaiweb

携帯電話を取り巻く脅威(基礎編) 

以下の記事の中で、「ボット」なる言葉を目にしました。
これまで何度か目にしているはずですが、どんな意味だったか思い出せないので調べてみました。
総務省・経済産業省連携事業 ボット対策プロジェクトを推進するポータルサイト「サイバークリーンセンター」が平成18年12月12日(火)に開設されていました。
サイバークリーンセンターの説明によれば以下の通りです。
「ボットとは、コンピュータを悪用することを目的に作られた悪性プログラムで、コンピュータに感染すると、インターネットを通じて悪意を持った攻撃者(以下「攻撃者」という)が、あなたのコンピュータを外部から遠隔操作します。
感染すると、この攻撃者があなたのコンピュータを操り「迷惑メールの大量配信」、「特定サイトの攻撃」等の迷惑行為をはじめ、あなたのコンピュータ内の情報を盗み出す「スパイ活動」など深刻な被害をもたらします。
この操られる動作が、ロボット(Robot)に似ているところから、ボット(BOT)と呼ばれています。 」

もはや生活インフラとなった携帯電話。ケータイを狙う犯罪が心配される中、どのような危険が潜み、対策が取れるのか。NTTドコモの講演から紹介する。
携帯電話を取り巻く脅威(基礎編)
  generated by feedpath Rabbit

携帯からの投稿はgooに軍配 

携帯からの投稿が、ブログに反映されるまでFC2ブログでは長時間を要する。特に写真添付の場合は長く、ちょっとしたサイズでは15分も要した。


対してgooブログでは、殆どリアルタイムに反映され、携帯からの投稿においてはgooに軍配が上がる。

パソコン知識メモについてのブログを表示する.