YouTubeの高画質について 

YouTubeの高画質について
昨日アップロードした時点では標準画質(高画質ではなかった)だったのですが、本日確認したら高画質になっていました。(HDボタンが付加されていました)

昨日時点では、全く同じようにして作成した2つのスライドショー動画で、片方は高画質でもう一方は標準画質だったのですが、ともに高画質になったわけです。

昨日時点では、素材の画質の違いによるものと勝手解釈していたのですが、そうではないようです。

画質の判定にも、ある程度時間を要するようです。
(本日3/21 確認したところによると、投稿から15分ほどで高画質に変更されました)

このような高画質の扱いについては、ヘルプに記述は見当たりません。
高画質に関する説明は以下のようなものしかありません。

高画質の動画とは:
YouTube に高画質の動画をアップロードすると、動画をより鮮明で明瞭に表示できるようになります。テキストや動きの速いシーンを含む動画、フルスクリーン表示の動画は、特に違いが明白です。
高画質の動画を見る:

デフォルトでは、再生画質は標準の設定になっています。

接続環境が非常に高速、または低速であることがわかっている場合は、アカウントの [動画の再生画質] で [高速の接続を使用しているので、利用できる場合は常に動画を高画質で再生する] または [低速の接続を使用しているので、動画を高画質で再生しない] を選択できます。

再生画質の設定を変更する方法は、次のとおりです。

  1. [マイ アカウント] ページにアクセスします。
  2. [アカウント] の下にある、[動画の再生画質] をクリックします。
  3. 適切な再生画質設定を選択します。
  4. [設定を保存] ボタンをクリックします。

特定のビデオの再生ページから、直接高画質での再生を選択することもできます。標準画質でストリーミングされている動画をもっと高画質で再生できる場合は、動画の下に表示される [この動画を高画質で見る] をクリックします。逆に、高画質でストリーミングされている動画を標準画質で表示させるには、[この動画を通常画質で見る] をクリックします。

スポンサーサイト

YouTubeチャンネルの埋め込み 

以下は、3 月 16 日開設された、朝日新聞社のYouTubeパートナーチャンネル(「Channel ASAHI)。
早速、埋め込んでみました。
但し、殆どカスタマイズできません。(たしか、外枠サイズを変更できる程度)

Googleマップローカルビジネスセンターに登録完了 

2/19(木)に申請した内容の確認ハガキがGoogleより本日(3/3)届きました。
ハガキで通知されたPINをWebサイト所定欄に記載した。
 
 Googleマップローカルビジネスセンター

登録情報が反映されるまで新規の場合は数日中、変更の場合は約6週間かかると記載されていたのだが・・・・

新規情報も変更情報も 即座に反映されました。

※YouTubeの動画のアップロードは、YouTubeのアドレス指定で実行するのだが、リンクが維持されるものではないことを確認。 (YouTubeでタイトルを変更したが、Googelマップでは反映されなかった)

Picasa3でムービ作成 

昨日アップデートしたPicasa3の新機能ムービー作成とYouTubeへの投稿を使ってみました。
以下はデフォルトで作成したもの。


以下は流行のワイド版。(1280×720)
事前にPicasa3で上記サイズにトリミングしてからムービー作成を実行した。


ともに、音楽はYouTubeにアップした後で追加設定したもの。
※画面切り替えは、何種類も使えないようだ(1ムービーで1種類)。

Windows LiveフォトギャラリーとPicasa3 

WindowsLiveフォトギャラリーも、以下の点ではPicasaより優れているようだ。

・PC内の画像ファイルのインデックス化は、殆ど瞬間的に行なった。

・Picasaとは違った切り口(人物や説明)でも、一覧表示がかのうである。

そこで、Picasaの機能を比較しようと久しぶりに起動したところ、なんとバージョン3が出ていました。

Webで調べたら、2008/12/16に発表されていました。

新機能として目をひいたのは

・簡単にムービーを作成する機能

・YouTubeへのアップロード機能

・GoogleEarthとの連携

などです。

パソコン知識メモについてのブログを表示する.