iPadとGメール 

Google AppsのGメールを使用しているのですが、iPad標準のメールアプリにおける設定方法が分からなかったためWebブラウザでGメールを利用していました。
(もともとGメールはブラウザでの利用が前提ですから、これが当たり前だと思います。)
P1020291.jpg

但し、iPadのホームに用意されているメールアイコン(標準のめーるアプリ)が機能しないのも癪だったのです。
そして、ついにiPad標準のメールアプリでGoogleAppsのGメールを利用する設定方法を発見しました。
P1020290.jpg
しかし、これではGメールの操作性の良さが失われているように感じられます。
そんな折、「iPad版のGmailがとんでもなく使いやすい。PC版のGmailよりもずっと使いやすい。」という記事を見つけました。
P1020293.jpg
確かに、標準のメールアプリよりはGメールの操作性の良さを生かしたものとなっています。
惜しむらくは、Google Appsで可能なヘッダーのオリジナルアイコンが表示されないことです。

なお、デスクトップ上のアイコンは、次の通りであり左からWebブラウザでのGメール・iPad独自のGメール・iPad標準メールアイコンです。
P1020296.jpg

スポンサーサイト

JoomlaのAkeeba利用によるWebサイト作成(覚書) 

レンタルサーバー「オビタスター」にJoomlaのWebサイトをAkeebaを利用して作成する場合の手順です。

1.FTPでの作業

(1)オビタスターの該当ディレクトリのhtdocsにアクセスする。
(2)既存のimageフォルダとindex.htmlを削除する。
(3)以下の3つのファイルをアップロードする。
 ・Akeebaのバックアップファイル(site-xxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.jpa)
 ・kickstart.php
 ・ja-JP.kickstart.ini
 ※Akeebaのバックアップファイルは事前に既存のJoomlaサイトで作成しておく。

2.ブラウザでの操作

(1)ブラウザのURL欄に以下を入力しkickstartを起動する。(インストール開始)
 
  アップロードディレクトリ/kickstart.php
 
(2)インストール作業

 ①正しいAkeebaのバックアップファイルが選択されていることを確認して[Start]をクリックする。
 ②hereをクリックする。
 ③データベース名を修正入力する
 ④サイト名を修正入力する
 ⑤メール送信元を修正入力する

(3)インストール後の処理

 ①インストールディレクトリの削除
 ②hereクリック=Akeebaのバックアップファイル削除
 ③.htacceccをアップロードする。(※FTPでの操作)

3. Joomlaバックエンドでの作業
  Joomlaコントロールパネルにログインし、基本設定で以下を修正する。

 ①システムでログフォルダパスを修正する。
 ②サーバーでTempフォルダパスを修正する。
 ③サーバーで送信元アドレスを修正する。

Joomlaのアップデート 

久しぶりにjoomlaジャパンのWebサイトにアクセスしたらアップデータ(1.5.22)が提供されていました。

早速、こちらからアップデータを入手しアップデートしました。

以前の経験したことですが、スンナリ一度に上書きインストールできる場合と、
個々のディレクトリ単位で上書きしなければならない場合がありました。

■ 1.5.15→1.5.22のアップデート
  一度に上書きインストールが出来ず、また対称のディレクトリが多数のため、今回はアップデートを見送りました。

■ 1.5.20→1.5.22のアップデート
  一度に上書き出来る場合と、一度には出来ない場合がありましたが、対象ディレクトリ及びファイルが少ないので個々の上書き操作でもさほど手間はかかりませんでした。
  (アップデート対象は3つのディレクトリと2つのファイルのみ。)

facebookのFBML具体的な記述例 

facebookでオリジナルデザインのタブを追加するには」(11/14) では、
ポピュラーな『Static FBML』より、
設定が容易な『Static FBML and Welcome Tab by iwiPage』のほうが良いと考えたが、
必要になると思われるコードに限ればFBMLもさほど難しくはないことが分かった。

即ち画像の埋め込みはHTMLと同様の記述でOKであり、
当初面倒だと思われたYouTubeやFLVそしてMP3等の埋め込みは
以下のコードで可能なことが分かった。

screen20101118-1.png


参考:
FBML(Facebookマークアップ言語)

Docs(facebook上のMS Office)の操作について 

Microsoft提供のfacebook上で使えるOfficeのオンラインサービスについての覚書

・対象のOfficeアプリケーションはWord・Excel・Powerpointであり、更にPDFファイルが扱える。
 ※但し、Excelは2007形式(xlsx)でないと扱えない。

・プロフィールページからはダウンロード出来ないようだ。
 ※管理者はアップロード・ダウンロード等を実行できるが、第3者はアクセスルートが無い。
 ※第3者とのファイルのやり取りはファンページのDocsタブから操作する必要あり。
  (プロフィールページにはこのDocsタブを設定できない)

・My Docsの一覧ページは、表示形式が2通りある。(facebookに内包されて表示されるケースと独立して表示されるケース)

参考:ファンページのDocsタブ

パソコン知識メモについてのブログを表示する.