スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バックアップファイルを別のHDDに復元 

10/30(木)

今朝起動時のHDDに激しい異音対策として、True ImageでLandisk上に作成しておいたバックアップファイルで、SEAGATE製HDD(ST3160815A)に復元を試みる。

 

これまで何度も同様の操作を行って問題は無かったのだが、今回は次のようになかなか思い通りに事が運ばなかった。

 

■Landiskを認識できず。アクセスできず。

True ImageのCDディスク起動で、復元を実行する過程で、どうしてもLandiskを認識してくれない。

・起動順が悪いのかとLandiskを起動しなおしてみたがダメ。

・同一Lan上のノートPCを起動すれば、一緒に認識するかと思ったがダメ。(Ubuntuの時はこれでOKだったのだが)

 

■パスを手入力でアクセス成功!

Landisikまでのパスを手入力してアクセスできた。(こんな面倒なことは以前は行わなかったはずだが・・・・)

()括弧の入力が出来ず往生したが、途中まで入力した時点でドロップダウンで対象のファイルを選択できた。

 

■バックアップファイル壊れていると受け付けられず!

アクセスできたものの、保存しておいたバックアップファイルは壊れているとの理由で復元を進めることが出来ず!一つ古いバックアップファイルを指定しても同じく壊れていると受け付けてもらえず。

 

■バックアップファイルを作り直す。

ここで、バックアップ先としてLandiskを指定するのだが、復元時と同様Landiskを自動認識してくれず、パスの手入力で対応した。(以前、こんな面倒なことはしなかったのだが・・・ブツブツ)

とはいえ、何とか3時間以上かかってバックアップファイルの作成を完了できた。

 

■復元に再トライ

HDDをSEAGATE製HDD(ST3160815A)に替え、True ImageのCD起動で復元に再チャレンジ。前回同様アクセスはパスの手入力が必要であったが、一応復元を始めることが出来た。

所要時間予想は5時間! (現時点で残り4時間)

 

あとは、うまくいくことを祈るばかりである。

◎約2時間半で無事 復元完了!!

スポンサーサイト

HDDがイカれたか? 

10/30(木)
起動時にHDDからと思われるかなり大きな異音が発生する。
起動後5分ぐらいで、その異音は収まった。

この最近のフリーズのし易さ、ネット表示の遅さも このHDDの何らかの損傷によるものと思われる。
因みに現在使用しているHDDは
最も最近購入したSEAGATE製ではなく、その前に使用していたHITACHI製となっていた。
もともとHITACHI製がおかしくなったのでSEAGATE製を購入したのに、いつ・なぜHITACHI製を使うようになっていたのか???

・2008/1/24に「SEAGATE製HDD:ST3160815A (160G U100 7200)」をパソコン工房より購入
・2007/11/30に「HITACHI製HDD:HDS721616PLAT80 (160G U133 7200)」をパソコン工房より購入 

WordPressのプラグイン 

今回使用したプラグイン

◎ Akismet:標準で用意されているスパム対策のプラグイン。API Keyを取得し使えるようにした。

  ※API Key 取得時にメールアドレス&パスワードで手こずった。

  ※API Keyは使いまわしできそうだ。(2つのブログに同一のKeyを設定できた)

 

○ Ultimate google analytics:google analyticsを使うためのプラグイン。
  http://www.oratransplant.nl/uga/

 

× Amazon ISBN Anchor:ISBNコードによりAmazonのデータを表示するプラグイン。

  Windows Live Writerのプラグインで作成したほうが便利である。

    http://holy.enyou.org/products/amazon-isbn-anchor/

 

× Easy Tube:YouTubeの動画アドレスのURL記入で動画を埋め込むことができるプラグイン。

  しかし埋め込みタグを利用したほうが便利である。

  http://www.ejump.co.uk/wordpress/easytube-plugin-for-wordpress/

 

◎ Ktai Style:携帯で閲覧するためのプラグイン。
  http://wppluginsj.sourceforge.jp/ktai_style/

 

× Global Translator:WordPressサイトを33ヶ国語に自動翻訳してくれるプラグイン。但し、動作が安定しないし必要とも思わない。

  http://www.nothing2hide.net/wp-plugins/wordpress-global-translator-plugin/

Windows タスクマネージャーが応答しないトラブル 

10/29(水)

この数日、やけに簡単にPCがフリーズするのだが、また何か問題を抱えているのだろうか。

半フリーズ(マウスだけは動く)で、Ctrl+Alt+DelもCtrl+Shift+ESCも意味を為さない。

特に今回のトラブルは、Ctrl+Shift+ESCでWindowsタスクマネージャーを起動し応答していないプログラムを終了しようとしたのだが、そもそもWindowsタスクマネージャー自身が応答していない状態なのです。

しつこくCtrl+Alt+DELを叩くと、暫くして応答していないタスクマネージャーアイコンがタスクバーに沢山現れるだけである。

已む無く電源スイッチで強制終了するのだが、再起動後はこれといった不具合は発生しない。

イベントビューアのシステムログにもアプリケーションログにも異常は記録されていない。

WordPressにログインできず! 

wp-config.phpの間違いも直し、インストール瞬間的に終了したのだが、インストール完了画面の[ログイン]をクリックしてもログインできず。

WS000014

これも、初めてのトラブル。

インストール成功のメールも届いているのに!

DBテーブルを削除し、インストールのやり直しをしたがダメでした。

 

原因は、phpファイルのパーミッション設定によるものでした。

ある説明書に従い、サーバーにアップロードした時に全てのphpファイルのパーミッションを「757」に変更せよとの指示に従ったのですが、インストール完了時に「755に戻せ」を忘れたのです。

というか、インストールの最後のステップで[ログイン]ボタンが出るので、ここを中断してパーミッション変更にはなかなかいけませんよ。

ひょっとして、そもそも初めから「755」でいいのではと思い試してみたところ、問題ありませんでした。

WordPressのインストールにこんなに手こずるとは!

これまでの印象では“WordPressは何と簡単なんだろう”だったのですが。

MySQLの作成とWordPressでのconfig指定で勘違い 

XServerでMySQL作成時に戸惑ったこと

1.MySQLデータベース名を指定するステップで同時に文字コードも決めなければならなかったこと。

 MySQLのバージョン4の時には無かった項目です。WordPressで使用するので「UTF-8」にした。

2.次のユーザー追加のステップにおける3項目について

 (1)MySQLユーザーID・・・・・・これは以前と同じで、自動的にサーバーIDが表示され、それに付加する形で設定すればよかった。

 (2)ホスト名・・・・・・・・以前は「localhost」と表示されたが、「お客様のホスト名が表示され、変更する必要は無い」とのことであった。

 (3)パスワード・・・・・・以前と変わりなし。

3.MySQLアクセス権の設定

 Webの説明どおりに行い問題は無かった。

 

続いて

WordPressを事前に用意したサーバーのディレクトリにアップロードした。

そして、インストールを行なうべくブラウザで「http://ドメイン/wp-admin/」を入力しEnterを叩いたら

WS000013

と、WordPressのインストールはこれまで何回も行なったが初めてのメッセージ!

wp-config.phpの記述ミスを何度も確認したのだがミスは見つからない。

WS000015

結論から言うと、DB_HOSTに上述2-(2)のホスト名を指定した誤りでした。

・2での操作が印象強かったので勘違いしたのでした。

・また、XserverではphpMyAdminでしかDB_HOSTを確認できないことも原因です。

php、MySQLのバージョンアップで一苦労(X-Server) 

約1年半ぶりにWordPressをいじってみた。

前回は「さくらインターネット」のサーバーにインストールしたのだが、今回はXserverである。

慣れているはずなのだが、前回以上に嵌るべきところで嵌って苦労した。

 

まず、phpもMySQLもバージョンを最新にしようとして苦労した。

・phpのバージョン5への変更は問題なかったのだが、MySQLを5にしようとしたところ、以下のメッセージで受け付けてもらえなかった。

WS000015

「変更前のバージョンでMySQLデータベース、またはMySQLユーザ情報が残っているため変更できません。 」

因みにMySQLはXoopsで利用していたので、Xoopsをアンインストールしし、FFFTPでサーバーのXoopsディレクトリも削除した。そして新たにデータベースを作成したのだが、結果は同じであった。

例によってサポート窓口にメール問い合わせた結果、以下の回答を得た。

「サーバパネル内、MySQL設定にて「MySQL一覧」・「MySQLユーザの一覧」より存在するDB、ユーザを全て削除する必要がございます。」

新たなデータベースを作成したのが間違いだった。

データベースの無い状態で、行なわなければならなかっただけだった。

トラブル ブルースクリーン再び 

10/26(日)13:00頃

PCをシャットダウンしようとしたところ、ブルースクリーンが表示されたままシャットダウンは完了しなかった。

10/23は、PC使用中にブルースクリーンになったと思うが?(いずれにしろ勝手な再起動ではない)

2008-10-26T15_10_22-1

昨日と本日とで、かなり色々なソフトをインストールしたりアンインストールした。

主に同報メール関係とAdobe Air関係のソフトである。

エラー発生時点残っていたソフトは

・Friend Mailer

・Adobe Air

・FLO:QのWidgetManager・・・・・・・・エラー後 アンインストールした。

・AnalyticsReportingSute

・SeesaaTicker・・・・・・・・・・・・・・・・・エラー後 アンインストールした。

Windows Live Writerのプラグイン Url2Title 

まさに以下の評価の通りの手間が大幅に省けるプラグインです。

リンクを作成するにあたって、テキストをコピペして、リンクの作成ボタンを押して、URLをコピペして、OK押して。という手間を一発コピペで済ませてくれます。URLを本文に張り込めば勝手にタイトルが出てきます。

20081024124422

以下はテストとして、アドレスだけをコピペした結果です。

Windows Live Gallery

楽天家・ケセラセラ - 楽天ブログ(Blog)

http://pcsif.seesaa.net/・・・・・・・これは何故?アドレスのままなのか?(GoogeleChromeで取得した)

シーサーイーサー・・・・・・・・・・・・・・同じものをIEでアドレスを取得した。

シーサーイーサー・・・・・・・・・・・・・・同じものをFirefoxでアドレスを取得した。

※Google Chromeで取得したアドレスの場合は、サイト名を表示できないようだ。そういえば、Google Chromeにはタイトルバーが存在しないので、アドレス欄とタイトル(サイト名)は連動していないのかも知れない。

Google Chromeの覚書 (良い点・悪い点) 

発表されて直ぐに使い始め、当初はさほど素晴らしいブラウザとは思わなかったが、少し使い込んでみるとその素晴らしさに感心した。

描画速度も、心なしか初めの頃より速くなっている。(キャッシュ?)

 

他のブラウザと大きく異なるのは、メニューバーやメニューアイコンが少なく(無い?)極めて簡素なインターフェイスである。

・「マルチボックス」は、アドレス表示と検索のための入力欄を兼ね備えたものとなっている。

・メニューアイコンは「ページメニュー」「Google Chromeの設定」しかない。

 

そのうち、「Google Chromeの設定」を理解すれば、他は殆ど直感的(ドラッグ操作と右クリック)操作でなんとか使いこなせるようだ。

・「ブックマークバー」:IEの「リンクフォルダ」、Firefoxでいえば「ブックマークツールバー」と同じである。

IEの「エクスプローラバー」やFXの「サイドバー」のように固定表示できるものは無いので、この「ブックマークツールバー」の活用が、使いやすさを左右しそうである。

その他で便利だと思ったものは[ページ内検索]である。

・検索結果が長文のブログ記事や長いやり取りの掲示板等の時に該当箇所を特定するのに役立つ。
・検索結果をマークしてくれる。
・[次へ]や[前へ]ボタンで検索結果を移動できる。

 

※困った時の“右クリック”とまずはドラッグする冒険心があれば簡単に達人になれそうだ。

 

悪い点は以下があげらる。(私が知らないだけかもしれない)

・印刷プレビューができない。

・ブックマークを一括で編集できない?削除は一つずつ?「ブックマークの編集」ダイアログボックスではできない。「その他ブックマーク」が長くなって使いずらくなる。

・Javaが動作しない?Javaを使用したWebページのサービスを利用できない。

・RSSに対応していない?

etc.

ブルースクリーン トラブル 

10/23(木)

約2ヶ月にわたって苦労した再起動トラブルから開放され、ここ数日は快調なPCを使用していたのだが、

本日久しぶりにブルースクリーンに遭遇してしまった。

1023

メッセージ内容は、前回の再起動時に表示されたものとほぼ同じような内容ですが、最近何か外付けDVDドライブのような新しい機器を使い始めたこともないのだが・・・・・?

電源ボタンで終了し、再起動しただけでその後は何も問題ないので、何も新たな対策は行なっていない。

因みに、イベントビューアのログは以下の通りであった。


イベントの種類:    警告
イベント ソース:    MRxSmb
イベント カテゴリ:    なし
イベント ID:    3019
日付:        2008/10/23
時刻:        12:38:03
ユーザー:        N/A
コンピュータ:    FLEETWOOD-M
説明:
リダイレクタは接続の種類を判断できませんでした。

詳細な情報は、http://go.microsoft.com/fwlink/events.asp の [ヘルプとサポート センター] を参照してください。
データ:
0000: 00 00 00 00 04 00 4e 00   ......N.
0008: 00 00 00 00 cb 0b 00 80   ....E..?
0010: 00 00 00 00 10 00 00 c0   .......A
0018: 00 00 00 00 00 00 00 00   ........
0020: 00 00 00 00 00 00 00 00   ........


MSのサポートオンラインの記述によれば、WindowsXPのSP2に関係したトラブルのようだが、SP3にアップデート済みだし・・・・?

IEでPDFが開けないトラブル 

10/23(水)

昨日WebページにリンクされたPDFファイルを開けないことに気がつきました。

最近PDFファイルをインターネット越しに利用する場合、殆どサーバーからダウンロードする方法だったので気がつきませんでした。

Firefoxではこの現象は起きません。

早速Webで調べたところ、かなり昔からあるトラブルのようであり色々な対策記事がありました。

教えてBP!」の記事に従って、AdobeReaderの[PDFをブラウザに表示]のチェックを外してみましたがダメでした。

(何やらインストールが開始され終了時点でPCの再起動が行なわれましたが・・・・・・)

解決は、AdobeReaderの更新(アップデータ)を行なったところ解決しました。

 

本日、今回のトラブルについてまとめておこうと、ネット検索しましたら、---------なんと!!

1年半前に、まったく同じトラブルに見舞われていました。

そして、ちゃんとブログに記録してありました。

ブログ記事のエクスポート&インポート(FC2→Seesaa) 

このブログ(FC2)の記事をエクスポートし、Seesaaブログにインポートしてみました。

FC2ブログでは、エクスポートは下図のように”バックアップ”メニューの中あり、操作は[ダウンロード]ボタンのクリックで実行されます。

文字コードはEUC-JPに限定され、画像データを除いたデータとなるということです。

WS000003

 

Seesaaブログでは、メニューも実行ボタンも用語が“エクスポート・インポート”に統一され分かりやすくなっています。

・設定ページ「インポート/エクスポート」メニューの中にインポート・エクスポート別の項目あり、実行ボタンもそれぞれ[インポート][エクスポート]となっています。

・また、文字コードもEUC-JP、UTF-8、Shift_JISの3種類から選択できます。

※唯一 「えっ?」と思うのは、インポートの項目で「MT形式ログファイル」表示となっているところです。

WS000002

エクスポートは“画像を除いたデータ”とのことでしたので、エクスポート結果は画像無しになる?と懸念しましたがちゃんと画像含みモノとなりました。(画像へのリンクはFC2のままです)。

 Seesaaブログへのエクスポート記事

ai-Ticker 縦スクロール版 

表示内容は、私の楽天ブログの記事です。

楽天ブログの入力ルール? 

楽天ブログの入力ルール(使用できるのは何か)が分かりません。 ↓これは使用できる。

楽 天でも使えたテキストボックス。スクロールバー付きです。勿論<div>タグを入れ子状態で使っています。楽天でも使えたテキストボックス。スクロール バー付きです。勿論<div>タグを入れ子状態で使っています。楽天でも使えたテキストボックス。スクロールバー付きです。勿論<div>タグを入れ子状 態で使っています。楽天でも使えたテキストボックス。スクロールバー付きです。勿論<div>タグを入れ子状態で使っています。

こちらは、殆ど同じ<div>タグの使い方なのに、<div>タグはダメ!と楽天ではじかれる。 エラーの言い分は「許可されていないURLです。問題のある属性:Style」です。 しかし、上の例でもStyle属性は使用しているし、画像のURLも単独では"許可"されているのです。 ということは、“Style属性の中では、URLを使ってはいけない”ということ?
楽 天でもはじかれるテキストボックス。背景の画像を使ったものです。スクロールバー付きです。勿論<div>タグを入れ子状態で使っています。背景の画像を 使ったものです。スクロールバー付きです。勿論<div>タグを入れ子状態で使っています。背景の画像を使ったものです。スクロールバー付きです。勿論 <div>タグを入れ子状態で使っています。背景の画像を使ったものです。スクロールバー付きです。勿論<div>タグを入れ子状態で使っています。

PC 極めて快調 

10/19(日)

・10/12以来 再起動トラブル(突然のシャットダウン-再起動)は発生せず。外付けDVDドライブのドライバーのアップデートが奏功したといえる。

・イベントビューアのシステムログ上も問題は全く無し。

・低電圧状態も10/14を最後にここ暫くは安定してる。

・ただし、ESET Smart Securityは相変わらず「DNSキャッシュポイズニング攻撃が検出されました」のログを毎日記録している。

(存在を自己主張しているだけなのか?)

ai-Ticker 

スキンを利用したケース。 自動改行にして入力すると、動作しない。

ai-Ticker 





今日は何の日 レシーバー 




SP3に 

10/17(金) 9:00

再度 SP3にアップデートした。

で・・・・・・

 

22:20

何も問題はなさそうなので、BBExciteのメンテナンスで回線速度でも改善しただろかと測定してみてビックリ!

 

前回(9/30)の測定値にはるかに及ばない結果!

(どの測サイトでも1~4Mbps)

BフレッツをADSLに変えられたの?

 

そこで、例によって電源のON-OFFを実行

その結果 多少改善して

Radish:下り 22.7  上り 29.2

BNR :下り 11.7  上り 26.2

goo :12.4

 

まあ、繋がっていることだし・・・・・・・

変動があることだし・・・・・・・

まっ いいか。 

えっ! またSP3が??? インターネットに繋がらない 

10/17 0:00

突然 インターネットに接続できなくなった。

またSP3か!

ルータとONUの電源をON-OFFしてみたがダメ

そこで 即 システムの復元でSP2へ 早戻り!

しかも 復元の途中で「メモリがreadできなかったから・・・・・・・」といったイヤなメッセージも、でも復元は完了した。

しかし 接続できず。

冷静になって チェック

WS000003

IPアドレスはちゃんとしている。

プロバイダーか?

そう言えば・・・・・・・・メンテの案内があったような?

そこでGoogleデスクトップ検索でメール「excite」を検索。

WS000004

ありました。

0:00~2:00までメンテナンスで

“フレッツ接続サービスでの通信ができなくなる場合がございます”

まさに、ジャスト0:00に切断されたのです。

 

たった今(1:10)接続が回復しました。

 

じゃあ、またSP3にするか。

再び WindowsXPをSP3に 

10/16(木)21:00

今回の再起動トラブルの元凶としてSP3をあげ、10/4にSP2に戻したのだが、どうやらSP3は関係なさそうなので、再度SP3にアップデートした。

WS000000

上図で[更新プログラムのインストール]ボタンをクリックして、暫くしたら以下の図が表示されました。

「更新の失敗」とは!

fault

再度[高速]ボタンをクリックして何とかインストールが完了しました。

再起動トラブル 解決!? 

10/15(水)

前回の再起動トラブルから丸3日以上を経過したが、再起動トラブル発生せず。

(これまでは、長くても2.5日ぐらいでトラブル発生していた。)

結局 原因は外付けDVDドライブだったということだったようだ。

(DVDドライブのドライバ更新で解決したということである。)

まだ、断言していいのか ちょっとだけ不安ではあるが・・・・。

約2ヶ月 なんだかんだと(ソフトもハードウェアも)色々といじくり回したおかげで、PCは極めて快調になった。

まさに“雨降って地固まる”

ubicast Blogger でのテスト投稿 

10/15(水)

現在、ブログ投稿に主に使用しているのは「WindowsLiveWriter」だが、過去に似たようなソフト「BlogWriteII」も使用したことがある。

たまたま、「ubicastBlogger」(フリーソフト)を見つけたので早速試してみる。

ubi

・ 残念ながら 表作成のアシスト機能がないようです。

・ 画像の扱いもLive Writerのほうが使いやすい。(自動サムネイル化)

大過なし 

10/14(火)

・最近には珍しくPC関係のトラブル・不可思議な現象に見舞われなかった。

但し、昨日記載したsourceforge.net からはファイルのダウンロードが出来ないということに変わりはない。

(例えば、GIMP公式サイトからGIMPをダウンロードしようとした場合、sourceforge.netを経由するのだがここから進まない。)

また、ESET Smart Securityの「パーソナルファイアウォールのログ」に“DNSキャッシュポイズニング攻撃が検出されました ”が多数記録されることも変わりはない。(本日は、17時以降から現在までで21件のログが記録されている。)

ダウンロード出来ない不可解な現象 

10/13(月)

今日はじめての事ではないのだが、以下の不可解な現象について検証したことをまとめておく。

【 現 象 】

・私のデスクトップPCでは、sourceforge.net からファイルをダウンロード出来ない

ノートPCでは、問題なくダウンロードできる。)

(同じような操作で他のサイトでは、ファイルのダウンロードは問題なく行なえる。)

・どのブラウザ(IE6sp2、Firefox3.03、Google Chrome)でも、ダウンロード出来ない。

※ノートPCでは、以下の画面表示時にダウンロードが開始できるのだが、デスクトップPCではダウンロードが開始しない。

kyotu

・上記画面で、「direct link」をクリックした場合はブラウザによって以下のように異なる結果となる。

IEの場合

iesetudan

Firefoxの場合

fftyudan

Chromeの場合

gcerror

 

【確認したこと】

・イベントビューアのシステムログには、変わったことは見当たらない。

・アンチウィルスソフトESET Smart Securityの「パーソナルファイアウォールのログ」に以下の記録が多数見られた。

2008/10/13 17:13:00    DNSキャッシュポイズニング攻撃が検出されました    192.168.0.1:53    192.168.0.4:51531    UDP           
2008/10/13 17:12:56    DNSキャッシュポイズニング攻撃が検出されました    192.168.0.1:53    192.168.0.4:51531    UDP           
2008/10/13 17:12:54    DNSキャッシュポイズニング攻撃が検出されました    192.168.0.1:53    192.168.0.4:51531    UDP           
2008/10/13 17:12:53    DNSキャッシュポイズニング攻撃が検出されました    192.168.0.1:53    192.168.0.4:51531    UDP  

※あれっ 今時点もだ!

・DNSキャッシュポイズニング攻撃とは

ドメイン管理情報を勝手に書き換えて、特定のドメインに到達できないようにしたり、別のIPアドレスに誘導したりする攻撃手法。(e-Words)

※もし“DNSキャッシュポイズニング攻撃”が原因であるなら、同じネットワーク環境下(ルーター→光ONU→BB Excite経由でインターネット接続)にあるノートPCで問題ないのは何故だろう?

 

※ で、仮に“DNSキャッシュポイズニング攻撃”が問題だったら、個人としては どんな対応をすればいいの?

【行なったこと】

・キャッシュということばからの連想で、IEのキャッシュをクリア。(クッキーも)

・ESETで「コンピュータの検査」実行。

・CCleanerを実行。

※結果は変わらず。

再起動トラブル 再発! 原因が判明? 外付けDVDドライブ? 

10/12(日)

予想通り(2日半くらいの間隔で再起動トラブル発生)、前回から2日半経過の本日 16時過ぎに 再起動トラブル発生。

イベントビューアのログは以下の通り。


イベント ソース:    Save Dump
イベント カテゴリ:    なし
イベント ID:    1001
日付:        2008/10/12
時刻:        16:14:26
ユーザー:        N/A
コンピュータ:    FLEETWOOD-M
説明:
このコンピュータはバグチェック後、再起動されました。バグチェック: 0x1000000a (0x00000000, 0x0000001c, 0x00000001, 0x804e363c) ダンプが保存されました: C:\WINDOWS\Minidump\Mini101208-02.dmp


先日、システムエラー時の自動再起動をOFFにしておいたので、以下の画面を得られた。

(お客様のPCトラブルでは、この方法でチェックしたのだが、うっかり自分のPCではチェックしていなかった。)

SH0100161

・・・check any new hardware or software・・・・を読んで、再度これまでの経過を振り返ってみた。

(お客さんのPCトラブルとごっちゃになっているので・・・・・・・)

【 new software 】

この時期にはフリーソフトで50以上の動画関係のソフトをインストールして試した。殆どはアンインストール済みなのだが、何か残滓が残って問題となっていたら対処しようがない。

【 new hardware 】

new hardwareで思いつくのは、先日も書いたが、7/6に購入したBuffaloの外付けドDVDライブ『DVSM-X1220U2』ぐらいである。

そう言えば、DVDドライブの変な挙動も・・・・・・・・・・・・ひょっとして犯人はDVDドライブ?

そこでBuffaloのWebサイトで何かアップデータが出されていないかチェックしたところ、ありました。

DVSM-X1220U2ファームウェアアップデートプログラム Ver.1.04

このアップデータは、1.02→1.04にするもので、「KDDI社が提供している「DVD Burning」サービスで DVD-RAM(CPRM),DVD-RW(CPRM)メディアに書込みできなかった問題」の対策版とのこと。

私のバージョンは1.03であり 1.02でも1.04でもないのはちょっと???ではあるが、早速アップデートした。

 

これで解決したのだろうか? 

解決したのかどうかの検証が出来ないのがもどかしい。

またも ワイヤレスマウスのフリーズ発生 

10/11(土) 17:00頃

今日は、何もトラブル無く順調だとおもった矢先ワイヤレスマウスのフリーズ発生。

レシーバーの抜き差しで簡単に復旧したのだが、やはりワイヤレスマウスには何か問題があるのではなかろうか

前回の発生は10/07の10:00頃である。

昨夜から本日起動時までに起こった不思議な現象 

昨夜の再起動トラブル後の画面がいつもと違うと重いつつ原因が分からなかったのだが、本日起動して理由が判明した。

「視覚効果」の「ウィンドウとボタンに視覚スタイルを使用する」がONになっていたのである。(OFFで使っていたのだが)

WS000002 

ON

WS000001

OFF

WS000000

本日起動時(10/10 8:56)の不思議な現象は以下の2点

1.上述の設定が自動的に元のOFF状態に戻ったこと。

2.インターネットエクスプローラのツールバーの配置がメチャクチャになっていたこと。

※IEのツールバーは「ツールバーを固定する」で使用しているので、間違ってドラッグで移動することも無いはずなのだが????

 

関係するかもしれない昨夜行なった操作は、
1. システムエラー時の自動再起動をOFFにしたことである。

2. 「更新プログラムKB900485」を実行したことの2つである。

WS000003

エラーコード0x1000007e 再起動トラブルの対策 

10/10 2:00

Windows XP Service Pack 2 でエラー メッセージ "Stop 0x7E" が表示される」というMSのサポートページを発見。

解決方法として「更新プログラムKB900485」が用意されていました。

「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードし、インストール実行。

これで0x7Eのエラーは阻止できるのだろうか?

その他のエラーは・・・・・・・・

パソコン知識メモについてのブログを表示する.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。