Joomlaのエクステンション(GTranslate)の不具合 

JoomlaのWebサイトの翻訳を実現するエクステンション『GTranslate』に不具合を発見しました。

■ プラグインの『Core Design Magic Tabs』が、日本語以外では機能しない。
  先頭のタブ内容が表示されるが、2番目以降のタブについてはクリックしても反応せずタブ内容を表示することができない。

■ 言語によってはレイアウトも左右自動的に変更される。
  いいのか悪いのか???

上述の不具合を生じないエクステンションとして『Ajax Wtranslate』を発見しました。

スポンサーサイト

Evernoteの不具合(トラブル) 

どうも最近Evernoteの動作がおかしい。
とりわけ新調したWindows7機では、以下の現象が頻発し殆ど使い物にならない。

・エクスプローラ領域でのクリックに対する反応が鈍い
・サムネイルの描画に長時間掛かる
・正常に起動しない
・プレビューが実行されない
・Evernoteのウィンドウ全体として崩れた描画となる。
・サムネールをクリックしてもぐるぐる回るアイコンが表示されるだけで反映しない。
・突然シャットダウン(アプリケーションウィンドウが非表示状態になる)。
・以下のFatal errorのウィンドウが起動する。
Fatal error 20110710 111234

遂には起動もままならなくなったので、アンインストールし、再インストールを行った。
とりあえずは、正常に動作するようになったが、
「全てのノート」でアイコンをクリックした時の反応が鈍くなることあり。

Facebookページへの動画のアップロード 

前回BGMが著作権に抵触するとのことで、Facebookにアップロードを拒絶されましたので、問題の無いBGMに変更して作り直したスライドショー動画をアップロードしました。

すると「動画を処理できませんでした」というタイトルの以下のようなメールが届きました。
----------------------
あなたは最近Facebookに動画「米寿の祝い」をアップロードしました。 残念ながら、処理できませんでした。理由はいくつか考えられます。

* アップロードした動画は動画ファイルではありません。再生できることを確認してからアップロードしてください。
* アップロードされた動画の形式はサポートされていません。Facebookでは動画の互換性向上に常に努めていますが、動画によっては問題が発生することがあります。動画を一般的な形式に変換してみてください。
----------------------
いずれの理由にも該当しないので、再度アップロードを試みました。
その結果は、
----------------------
Facebookにアップロードした動画の処理が完了しました。
----------------------
何も変更していないのですが、Facebookの処理も気まぐれのようです。

Windows7で上りの通信速度が桁違いに遅い! 

Windows7では、インターネット回線速度がこれまでのWindowsXPに比べ桁違いに遅いことに気がつきました。
桁違いに遅いのは「上り」だけであり、「下り」はWindowsXPより早い。

【Windows XP】
20110707-2.png

【Windows7】
なんと!上りが5.4Mbps。
わが目を疑う桁違いの数値でした。
20110707-1.png
価格コムの測定では、これほどはひどくはありませんが、それでもXPに比べれば異常に低い値です。
20110707-3.png

【対策後のWindows7】
20110707-4.png

20110707-5.png

<対処内容>
以下のサイトを参考にMTU、RWINを変更しました。
Windows7でフレッツ光に替えたのに上りの通信速度が遅い3(解決!)


Windows7でRWIN値を固定する方法


レッツ! Windows 7 - トラブルシューティング編(1) | パソコン | マイコミジャーナル




IE8の32ビットと64ビット 

IE8に32ビット版と64ビット版があることを初めて知りました。
違いは?というとMSのサイトによれば、この通りであり、
Flashに対応していなかったり、e-Taxにも対応していないようです。

本当に現時点で何のメリットがあるのやら?
ただ 紛らわしくしてくれているだけのような・・・

Windows7でパーティション作成 

Windows7の新PCのHDDにパーティションを作成しました。
これまでパーティション作成は、市販ソフト(SystemSelector2やPartitionExpert2003等)で行っていたのですが、今回初めてWindows標準の機能で作成してみました。

参考にしたサイトはこちらの『パーティションの作成・削除方法』です。

何もトラブル無しで5分ほどで完了。
Cドライブだけだったものを、K・Lと2つのドライブを作成しました。
(リカバリ用のドライブがあるので、上限の計4つということになると思います)

WindowsXP時と同じように、ユーザーデータをデフォルトのCドライブから新規作成したFドライブに移動した。
FドライブにDataフォルダを作成し以下のフォルダを移動。
・Dropbox
・アドレス帳
・お気に入り
・ダウンロード
・デスクトップ
・マイドキュメント
・マイピピクチャ
・マイビデオ
・マイミュージック
・リンク
・検索
・保存したゲーム

● Dropboxのフォルダ変更の参考サイト

Windows7のXPモード  

Windows7のXPモードを次のサイトを参考にインストールしてみました。

【インストール】
1.Windows XP Service Pack 3 のフル ライセンス バージョンの Windows XP モードをダウンロードしてインストールする。
2.Windows Virtual PC をインストールする。

インストール終了し、Windows XP モードを起動しようとしたら、予想通り以下のメッセージが!
2011070401_20110705101851.png
参考サイトの説明に従いBIOSで「Virtualization Technology」を有効にして解消しました。

【アンインストール】
以下の理由により、即アンインストールしました。

・もともと必要ではなかった。
・メモリ制限16GBを解消するために已む無くアップグレードしたProfessional。Homeでは体験できないXPモードは如何なるものかと思っただけ。
・Windows7では動作しない、いくつかの周辺機器・ソフト利用のためになるかと思ったが、そのためだけに余計なソフト(隔靴掻痒的で気持ち悪い)をインストールしておきたくない。
・アンチウィルスソフトもXPモード独自に必要である。
etc.

使用可能メモリが搭載メモリよりも小さいのは何故? 

最近購入した日本HPのデスクトップPCのメモリ増設でのすったもんだ。
購入PCは、モデル: h8-1090jp。

メモリは12GBで購入し、ネットショップで別途12GB(4GB×3本)を購入しました。
購入したメモリが、昨日到着し、PCにセットしHP Support Assistantでチェックし、搭載メモリ24GBを確認出来一安心したことは昨日ブログに記載したとおりです。
2011070401.png

しかし、システムのプロパティで見ると「24.0GB(16.0GB使用可能)」となっており、使用可能が”16GB”となっていました。

ネットで調べ、マイクロソフト サポート オンラインにピッタリの以下記事を見つけました。
64 ビット版の Windows 7 で使用可能なメモリが搭載されているメモリより少ない
ところが、記載されている対処法はどれも該当しません。

そこで、本日 
【HPサポートセンターに電話問い合わせ】

すぐに繋がったが、担当者は日本語カタコトの中国人と思しき女性。

24GBのメモリを使用可能にするには、Wndows7をProfessional以上にしなければいけないことが判明した。
そこでアップグレード対応サービスは無いかと尋ねると「申し訳ありません。どこかでご購入ください。HPでは対応していない。」の一点張り。

PCのオンライン購入画面では24GBが選択できるようになっていたのに、どういうこと!
日本HP HP Directplus 個人のお客様 - Windows Internet Explorer 20110704 115546
選択すれば、以下の補足が表示されるものの。
全画面キャプチャ 20110704 115642


HPの対応に釈然としないので、「日本語の分かる責任者に変わって」とお願いする。(ちょっと怒り気味に)

ようやく出てきた日本人男性に事の顛末を説明し、「Windows Anytime Upgrade」で簡単にアップグレード出来ることを教えてもらえた。
2011070402.png

(但し、Home Premium→Professional=11,340円)

マイクロソフトも日本HPも不親切ですね~
・MSのサイトを色々調べたが、Windows7のエディション比較上メモリの記述は見当たらなかった。

Windows7では、
32bit版の最大メモリが4GBとは知っていましたが、
64bit版でもHome Premiumでは16GBであり、Professional / Ultimateで最大192GBとメモリ搭載可能に違いがあるとは知りませんでした。
Windows7移行まとめWiki

メモリ増強で一安心 

メモリ価格が安くなっているので、PC新調を機に、どうせならスペックいっぱい(24GB)に増強しようと決断しました。
安くなったとは言え4GB×3本で1万円ちょっと。
これまで、メモリに関しては何度か痛い目にあって来ましたので正常に認識されてホッと一安心。

【購入メモリ】
Transcend 
JM133KLN-4G
240P DDR3 1333 DualRank

パソコン知識メモについてのブログを表示する.