マイクロソフト、Windows Updateが終了しない場合の対応策を発表 

本日午前中に「Windows Updateには困ってしまう」という引用記事を投稿したばかりですが、タイミングよくマイクロソフトよりその対策が発表されました。

Windows XP並びにWindows Server 2003で、Windows UpdateやMicrosoft Update、自動更新を実行すると、エラーコード「0x8DDD0009」が表示されてMicrosoft Updateに失敗する、またはコンピュータの負荷が高くなって長時間Windows Updateが完了せず、「タスク マネージャ」でパフォーマンスを確認すると、CPU使用率が高いままの状態になることがあるそうです。 こういった場合の対処方法を本日マイクロソフトが発表しました。該当している人は要チェックです。 詳細は以下の通り。
マイクロソフト、Windows Updateが終了しない場合の対応策を発表


  generated by feedpath Rabbit
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pcmemo.blog83.fc2.com/tb.php/111-cda7ce11

パソコン知識メモについてのブログを表示する.