FC2ブログ

Microsoftのアップデートに不具合、CPU使用率が100%近くに 

Windows Updateに関係するトラブルについては、こちらの記事のほうがよくまとまっています。(私の遭遇したケースをよく説明しています)

「 MicrosoftはWSUS(Windows Server Update Services)のブログで、この問題に対処した新しいWUAクライアントをリリースすると予告。この新クライアントをインストールし、KB927891で提供している最新のMSIフィックスを組み合わせれば、「svchost/msi」問題に完全対処できると説明している。」

ということで、まだ完全には対応できていないのですね。

Microsoftの自動更新を使ってアップデートを適用しようとすると、CPUがほぼ100%消費されてしまうという不具合が報告されている。
2007年05月12日 10時52分 更新

 Microsoftの自動更新機能を使ったアップデート適用に関して不具合が指摘されている。SANS Internet Storm Centerは、Microsoftの月例パッチを適用後、「svchost.exe」によってCPUが99%消費されてしまうという報告が、複数の読者から寄せられたと伝えている。

ITmedia News:Microsoftのアップデートに不具合、CPU使用率が100%近くに
  generated by feedpath Rabbit
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pcmemo.blog83.fc2.com/tb.php/114-c17474d5

パソコン知識メモについてのブログを表示する.