「サイトの10%にドライブバイダウンロードの危険性」--グーグル調査  

Webサイトを閲覧しただけで悪質なプログラムをインストールされる脅威が増えているそうです。

どのように対処すればいいのでしょう。

※ドライブバイダウンロードとは、多くの場合ユーザの同意なしに、場合によってはまったく知られることなしに、コンピュータに自動的にダウンロードされるプログラムです。

 Googleはウェブユーザーに対し、あるサイトを閲覧した際に悪質なソフトウェアがコンピュータにインストールされる脅威が増加していると警告している。

 Googleによると、450万件のウェブサイトを詳細に調査した結果、約10分の1のウェブページがトロイの木馬を訪問者のコンピュータに「ドライブバイダウンロード」する危険性があることを発見したという。このような悪質なソフトウェアにより、ハッカーらがコンピュータやそのネットワークに格納された機密データにアクセスしたり、悪質なアプリケーションをインストールしたりする恐れがある。

「サイトの10%にドライブバイダウンロードの危険性」--グーグル調査 - CNET Japan

  generated by feedpath Rabbit
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pcmemo.blog83.fc2.com/tb.php/119-5145cd21

パソコン知識メモについてのブログを表示する.