直子の代筆で原因/邪魔な警告ウィンドウ 

本日(12/1日)、パソコンを起動するとウィルスバスターによる警告ウィンドウが表示されました。このウィンドウは、パソコンで何か新たな命令を実行しようとする度に表示され邪魔でしょうがありません。
よく見るとファイル名「Tibee」となっていることから、元凶は数日前(11/28日)にインストールした「直子の代筆」であることが判明しました。
警告メッセージ


今回インストールした「直子の代筆」はインターネットエクスプローラーのツールバーとして組み込まれるものです。邪魔なのでとにかく削除することにしました。
(1)普通はツールバーのメニューから削除できるのですが、ツールバーを表示できないため、この方法はとれませんでした。
(2)面倒だからとシステムの復元を実行してみましたが、解決しません。
(3)[プログラムの追加と削除]で「TEGLET TB2」(直子の代筆)を削除しました。しかしこれでも解決しません。
(4)Programフォルダに存在する直子の代筆関係と思われるフォルダ(TEGLETとTibee)を削除しました。
これで、邪魔な警告ウィンドウは表示されなくなりました。
しかし、IEの表示メニュー/ツールバーにTibeeの項目が残り消すことが出来ませんでした。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pcmemo.blog83.fc2.com/tb.php/13-d09a8d60

パソコン知識メモについてのブログを表示する.