Chrome OS をUSBインストールで試しました。 

ガジェット通信『「Google Chrome OSだけで仕事できる?」最新版を古いノートPCで動かしてみる』の記事を参考にChromeOSをUSBにインストールして動作を試してみました。

記事とは異なりデスクトップPCでUSB起動しての操作でしたが、期待はずれでした。
・2年ほど前に仮想環境でトライした時と同様で、引っかかるような動作で安定しませんでした。

【USBにインストールする時の苦労】
記事に従い、「Win32 Disk Imager」で書き込もうとしたが、エラーでダメ。記事ではエラーが出ても無視してOKと記載されていたのだが、書き込みを開始できなかった。
記事を注意して読んだところ、以下の記述があり。Cドライブ直下にイメージファイルを移動して実行したところOKとなった。
”イメージファイルの置き場所に関してですが、日本語のフォルダ名をつけた場所に置いているとエラーが出る場合があるようです。その場合は、Cドライブ直下に「ChromeOS」などといった名前のフォルダを作成してそこにイメージファイルを置き、Win32 Disk Imagerを使うとよいでしょう。”

    ※Win32 Disk Imagerで書き込むイメージファイルはフォルダに日本語は厳禁!

【PCでのUSB起動指定の苦労】
1.BIOSのブートメニューで「USB起動」をEnableに設定してもUSBブートできない。
2.ブート順序指定のメニューにはUSBドライブが存在しない。
USB以外の起動ドライブを全てDesaboleにしたり、試行錯誤したがダメだった。

3.ようやくHDDの中に起動順位指定項目を発見!USBドライブはHDDの一種としてみなされていたのでした。

   ※起動ドライブとしてのUSBはHDDの一種


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pcmemo.blog83.fc2.com/tb.php/1689-24d5e83d

パソコン知識メモについてのブログを表示する.