スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MT4.1でWindowsLiveWriterを利用する方法 

Windows Live Writerを利用したブログ記事やウェブページ作成」を参考に設定した。

 

【MT4.1における設定】

1.インデックステンプレートを追加した。

・テンプレートのページで「インデックステンプレートを作成」をクリックする。

・最初の行は"テンプレート名"を入力するようだが、名前は任意でいいようだ。

・次のドロップダウンメニューはデフォルトの「挿入する」のままとした。

・次の広大なエリアに、以下をコピー&ペーストした。

--------------------------------------


http://schemas.microsoft.com/wlw/manifest/weblog">
   
        MovableType
        Yes
        Yes
        Yes
        Yes
        Yes
   

   
        Movable Type
        View site
        View Dashboard
       
        ?__mode=view&_type=entry&blog_id={blog-id}&id={post-id}
   

------------------------------

・テンプレートの種類はデフォルトの「カスタムインデックステンプレート」のままとした。

・出力ファイル名は指示どおり「wlwmanifest.xml」とした。

以上でMT4.1の設定は終了であり、[保存]と再構築を実行した。

 

なお、WindowsLiveWriter設定時に必要となるWebサービスのパスワードを確認しておく。

・プロファイル編集ページを開き、「Webサービスパスワード」の右端にある「内容を表示」をクリックしてパスワードを確認する。

 

【WindowsLiveWriterでの設定】

1.ブログの種類は「他のブログサービス」

2.ブログのURL:ブログのトップページのURLを入力する。

3.ユーザー名、パスワードを入力する。

 このパスワードは上述のWebサービスパスワードである。

4.使用するブログの種類は、「MovableType」を選択する。

5.ブログのリモート投稿URL欄は、MTインストールディレクトリ以下に「mt-xmlrpc.cgi」を付加したものとする。

例:ホームアドレス以下にmtディレクトリを作成してMTをインストールした場合、

ホームアドレス/mt/mt-xmlrpc.cgi となる。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pcmemo.blog83.fc2.com/tb.php/244-084036e6

パソコン知識メモについてのブログを表示する.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。