Roxio Easy Media Creator 9のアップデート 

DVDドライブにメディアを入れるたびに、Roxio Cine Playerが起動しようとするのだが、グズグズしたあげく「なにやらファイルが足りないから、正規のCDをいれてインストールしろ・・・」といった内容のメッセージが表示された。

メッセージを閉じれば、Roxio Cine Playerは起動するのだが、その動作はまったくグズで、ちょっとしたことでフリーズするような状態であった。

因みに、このRoxio Cine Playerは、最近購入した外付けのDVDWriter(BufaloのDVSM-X1220U2)に付属してきたものです。

ひょっとして既知のトラブルで対策が出ているかも・・・RoxioのWebを当たりました。

 

どんぴしゃのアップデータがありました。

私のEasy Media Creator 9は[バージョン番号 9.0、 ビルド番号 901B70V、 識別記号 BF2 ]であり、早速アップデートを行ないました。

DVDを入れる度にCDを要求されることは無くなりましたが、CinePlayerの動作は相変わらず遅いままです。

CinePlayerよりPowerDVDやWinDVDのほうが動作が軽くていいですね。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pcmemo.blog83.fc2.com/tb.php/272-cc156dbc

パソコン知識メモについてのブログを表示する.