スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電源交換 

9/14(日)18:00 電源交換。(交換までの経緯)

突然の再起動トラブル 原因は どう考えても電源まわりと思われる。

理由は今夏は雷による瞬停を4~5回は食らってしまったこと。

PCマスターへの道意外に故障の多いパーツ「電源ユニット」の基礎の記事を読むと思い当たる節ばかり。

・電源の種類や価格について調べると私のPC用には4,000円弱で充分であることが分かった。

価格コムの売れ筋ランキング3位のサイズ(Scythe 初めて知る会社)製の『CORE POWER2 CoRE-400-2007』。

レビューを読むと、まあまあの評価。

特に静音性の評価が高買ったので、トラブルの解決にならなくても静かになるのだったらと考え購入することした。

(最近PCのうるささが気になっていたので)

購入に際しては、同シリーズには400W,500W,600Wの3種類があったのだが、元の電源が350Wであったこととワット数が低いほど静音性がよいこと、勿論安いことからも400Wのものに決定。

購入先はPC-Depot。PC関係・特にPCパーツ関係はかなり充実した品揃えでることを今回知った。

・交換作業で危うく大ヘマをやりそうになった。(マザーボードの電源コネクタ)

マザーボード(D865GLC)上なある電源関係のコネクタは20ピンと4ピンの2箇所。その2つはボード上でかなり離れて存在する。

一方電源(CORE POWER2)で、それらしいものは24ピン(4ピンは分離可能)のもの。但し、分離したとしてもコードはがっちり網状のパイプによって一まとめになっている。

この網状の被覆を破るのか?

被膜を破る勇気はなく、購入店(PC-Depot)に問い合わせることにした。(コレが大正解)

判明したことは、私のボードの離れたところにある4ピンのコネクタには24ピンのうちの4ピンではなく、別の8ピン(4ぴんづつ2つに分離できる)の一つを接続するということ。

※FDDとの接続も要注意である。

・取り付け完了してPC起動

まず第一の目的である静音性の向上はまったく見られなかった。

PC内には5つものファン(ケースの前後で一つずつで2個。CPUに1つ。電源に2つ)が付いているので、騒音の元凶は電源のファンではないのかもしれない。

 

9/15(月)9:30 

PCの電源オン。一発で正常起動した。電源の効果あり? 

(必ずしも毎日不具合が発生していたわけでもないので これで解決と安易に判断するわけにはいかない)

 

<その他の感想>

・気のせいか、PCの動作が軽快になったような・・・・・・・・・・・・・・・・・

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pcmemo.blog83.fc2.com/tb.php/295-bea46f53

パソコン知識メモについてのブログを表示する.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。