スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

e-Taxの申請・インストール 

昨日取得した公的個人認証サービスの「電子証明書」を活用すべく、e-Taxを利用してみることとした。

とはいえ、手をつけてよいのやら、e-Taxのホームページは分かりにくくて難儀した。
よって忘れないうちにここに記録しておく。

基本的には『e-Tax導入マニュアル』に従ったが、このマニュアルも構成を理解するのに手間取った。

目次は以下のように大きく2つ(「事前準備の流れ」と「e-Tax利用までの流れ」)に分かれているのだが、同じような項目であり、また多少異なってもいるのは何故????

と悩んだが、後者はソフトの設定についてまとめて説明したかったようだ。


目次
○事前準備の流れ
1.パソコン等の準備
2.電子証明書の取得
3.ICカードリーダライタの取得
4.開始届出書の提出
5.インターネットバンキングの契約(任意)
○e-Tax利用までの流れ
1.ICカードリーダライタのドライバのインストール
2.JRE(Java実行環境)のインストール
3.「公的個人認証サービス利用者クライアントソフトVer2.2」のインストール
4.e-Taxソフトのインストール
5.e-Taxソフトの起動


【操作記録】

1.パソコン等の準備

 システム要件についての記述である。ハードウェア、OS、ブラウザについての必要件だが、特別な性能・仕様を求めてはいないので一般的なPCであればクリア間違いなし。

2.電子証明書の取得・・・・・・・昨日 済ませてありスルー

3.ICカードリーダライタの取得・・・・・2同様でスルー

4.開始届出書の提出・・・・ここからが実際の操作といえる。

  e-Taxホームページ左メニュー「開始届出はこちら」をクリックして、「オンラインで提出する」をクリックする。

  以下マニュアルに従って操作を行なった。

  開始届出書の記入に際しては「具体的な操作方法」を印刷しこれに従った。

  ・暗証番号・・・英小文字と数字を含む8桁以上
  ・納税用確認番号・・・半角数字6桁

  途中経過の以下3ステップでファイル保存と印刷を行なった。

(1)「電子申告・納税等開始(変更等)届出データ確認シート」
(2)「即時通知(開始届出書)」
(3)「電子申告・納税等に係る利用者識別番号等の通知」

5.インターネットバンキングの契約・・・・・・契約済みなのでスルー

マニュアルはこの後「e-Tax利用までの流れ」となり、
1~3は昨日済ませてあることなのでスルー

4.e-Taxソフトのインストール

 インストールは簡単であり、デフォルトのまま「次へ」すすめて完了となる。

  -----
e-Taxの初期登録作業

  サブメニューの「初期登録はこちら」→3.初期登録作業に従って操作。

 

※e-Taxの総合マニュアルはページ数337ページの大作。

  コレが無料とは有り難いものの、反面 そんなに書くことがあるのか?難しいのか?と懸念される。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pcmemo.blog83.fc2.com/tb.php/300-c5b2a325

パソコン知識メモについてのブログを表示する.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。