スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UPS電源到着 ES-725 

9/28 ECカレントに注文したAPCのES-725(UPS電源)が本日(9/30 10:20)到着。

この夏に何回か喰らった瞬停で、買おう買おうとは思っていたもののなかなか踏ん切りがつかなかった装置です。地元のPC DEPOTで21,700円のES-725がネットでは14,360円だったので購入を決断しました。

充電に関する記述は以下の通りで、電源につないで置きさえすればいい(本体の電源を入れる必要はない)ようなのですが、16時間もかけた後で“間違いだった”では目も当てられないので電話で確認することにしました。

(ちょっとしたことでも気軽に電話するようになったのは、歳のせいでしょうか)


  2-1 充電してください
本装置は、使用前にAPC ES 500は12時間以上、APC ES 725は16時間以上充電する必要があります。図に従って本装置を商用電源に接続してください。
備考:バッテリは、本装置が商用電源に接続してある間は常に充電されています。


回答は予想通りで、

「本体の電源ボタンを押す必要はなく、コンセントに挿しておくだけでよい」とのことでした。

充電完了は何で確認できるのか?の質問に対する回答は、

「充電状況をを確認するため手段はなく、本体の電源をオンにした時に充電不足であれば、警告音「ピーッ」となり、電源脇のインジケータが点滅します」とのことでした。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pcmemo.blog83.fc2.com/tb.php/312-c60298c1

パソコン知識メモについてのブログを表示する.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。