スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再起動トラブルの原因追及に新展開(システムログのチェック) 

今回のトラブル経験時にシステムログもチェックはしたのだが、致命的な“エラー”が無いかという目で眺めただけだった。

しかし、昨日APCのサポートご担当者と話していく中で、“情報”のチェックも重要だと知らされた。

今回の再起動トラブル(突然の勝手な再起動)は、システムログでは種類=情報、ソース=Save Dumpと記録されており、そのプロパティを開いてみると下図のように「このコンピュータはバグチェック後、再起動されました。バグチェック:10x00000d1(0x00000028・・・・・・・・・・・略」記録されていた。

rboot1004

ついで、「バグチェック後」「再起動」をキーワードに検索したところ、STOPエラーについての多くのサイトを探すことが出来た。とくに「STOPエラー」は、エラーコードの意味に加え解決法のサイトまで掲載されており大いに役に立った。

とはいうものの、私のPC用の根本的な解決は再インストールしかないような・・・・・

 

そこで、手短に出来ることとして、チェックディスク(CHKDSK)を行なった。

その結果、以下のような更に変なこと?トラブル悪化?となった。

1.システムログの中にさかのぼって(2日前のログ)エラー表示が増加した。cdrom

WS000000

2.直後に再起動が2回(13:25と13:54)も発生した。(これまでは、多くて1日に1回くらいだったのに)

 

さらにネット検索を続けていく中で「XP SP3トラブル解決で個人ユーザーがヒーローに」という記事に遭遇し、とりあえずSP3を削除することにした。

(この記事のトラブルと私のケースは同じではないのだが・・・。再起動が繰り返すわけではないし、CPUはIntelなのだが)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pcmemo.blog83.fc2.com/tb.php/322-cc62f3f5

パソコン知識メモについてのブログを表示する.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。