Google Chromeの覚書 (良い点・悪い点) 

発表されて直ぐに使い始め、当初はさほど素晴らしいブラウザとは思わなかったが、少し使い込んでみるとその素晴らしさに感心した。

描画速度も、心なしか初めの頃より速くなっている。(キャッシュ?)

 

他のブラウザと大きく異なるのは、メニューバーやメニューアイコンが少なく(無い?)極めて簡素なインターフェイスである。

・「マルチボックス」は、アドレス表示と検索のための入力欄を兼ね備えたものとなっている。

・メニューアイコンは「ページメニュー」「Google Chromeの設定」しかない。

 

そのうち、「Google Chromeの設定」を理解すれば、他は殆ど直感的(ドラッグ操作と右クリック)操作でなんとか使いこなせるようだ。

・「ブックマークバー」:IEの「リンクフォルダ」、Firefoxでいえば「ブックマークツールバー」と同じである。

IEの「エクスプローラバー」やFXの「サイドバー」のように固定表示できるものは無いので、この「ブックマークツールバー」の活用が、使いやすさを左右しそうである。

その他で便利だと思ったものは[ページ内検索]である。

・検索結果が長文のブログ記事や長いやり取りの掲示板等の時に該当箇所を特定するのに役立つ。
・検索結果をマークしてくれる。
・[次へ]や[前へ]ボタンで検索結果を移動できる。

 

※困った時の“右クリック”とまずはドラッグする冒険心があれば簡単に達人になれそうだ。

 

悪い点は以下があげらる。(私が知らないだけかもしれない)

・印刷プレビューができない。

・ブックマークを一括で編集できない?削除は一つずつ?「ブックマークの編集」ダイアログボックスではできない。「その他ブックマーク」が長くなって使いずらくなる。

・Javaが動作しない?Javaを使用したWebページのサービスを利用できない。

・RSSに対応していない?

etc.

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pcmemo.blog83.fc2.com/tb.php/351-fbd691c9

パソコン知識メモについてのブログを表示する.