スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google Chromeの素晴らしい操作感 

Google Chromeの操作性をちょっとだけ(タブ操作についてだけ)確かめてみました。
結論は、「素晴らしい」の一言です。

タブブラウザとして先行するFirefoxよりも、また後発のIE7やIE8よりも、その操作性・操作感は群を抜いて素晴らしいものとなっています。

その素晴らしさは、拙い文章力では表現できませんので、動画を作成しました。



ところで、「Google Chrome」の名称の意味は何なんでしょう?
クロムめっきのクロムくらいしか思い当たらず、「英辞郎」によると、「クロムめっきを施したかのように、見掛けが良くて人を引き付けるが、システ
ムの性能向上にはほとんど(または全く)つながっていない機能のこと。」等となっています。

本当に謙遜しての命名なのか或いは自虐的なのか・・・?

ここで、思い出されるのが、1年ほど前の「退職者が増えているGoogleを辞める理由とは?」と言う記事です。

そこであげられていた理由が
・遊びの要素を常に突きつけられてきた
・過剰に装飾された仕事場
・子供じみたおもちゃ、プラスチック製の飾りなど
・社員を子供のように扱っている点
etc.
でした。
本当に自虐的に命名したのかも・・・・・

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pcmemo.blog83.fc2.com/tb.php/473-b9de1a58

パソコン知識メモについてのブログを表示する.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。