無線LAN USBアダプタのアップデートについて 

PLANEX社の「無線LAN USBアダプタ:GW-US54Mini2W」のアップデートに関する覚書

アップデータはPLANEX社のドライバユーティリティのサイトからダウンロードできる。

ダウンロードした圧縮ファイルを解凍して、Setupをダブルクリックして実行するだけで、良いのだが以下の点に留意したほうが間違いはなさそうです。

・ウィルスバスターは終了させたておいたほうがいい。
(検索が途中で開始されると思わぬ時間がかかるから。
 また、「疑わしい動作を検出しました」・・・と余計な警告が表示されるから)

・無線LAN USBアダプタを外しておいたほうがいい。
 (インストール後に装着することで自動認識してもらえるので。
  自動認識されない場合は、何度か抜き差ししてみる)

■インストール

旧バージョンがインストール済みの場合でも、[Overwrite]ではなく、一度Removeしてから再Setupしたほうがよさそうです。

 <Removeall>
 Removeには結構時間がかかる。「Please Wait・・・」表示でで20分ぐらい、忍耐あるのみ。
 Remove完了したら、PC再起動。ウィルスバスターを終了し、Setupを実行する。

 <Setup>
 「I accept・・・・・」から、デフォルトで
  [Next]→[Next]→[Next]→[Install]→[Finish]
  完了まで時間はかからない。数分。

■ 「無線LAN USBアダプタ」を装着する。

 自動認識に失敗したら成功するまで、抜き差しを繰り返す。画面右下の通知領域にアイコンが表示される。

■ 設定

・アイコンをダブルクリックする。
・ウィンドウが表示される。以下ウィンドウでの操作です。  

1. 上部の[プロファイル]をクリックする。
2. [追加]をクリック
3. SSIDのプルダウンで該当の無線Lan親機を選択する。
4. [認証/暗号化]タブをクリックする。
5. 認証タイプで「オープン」を選ぶ
6. その右の 暗号化で「WEP」を選択する。
7. WepKeyで「ASCII」を選び、「パスワードを表示」にチェックを入れ
8. 空欄にWEPキーを入力する。
 (WEPキーは、無線LAN親機の底面シールに記載されている)
9. [OK]をクリックする。
10. プロファイルリストで追加したプロファイルをクリックし[有効]をクリックする。
 →接続される。
 ウィンドウを閉じて操作完了

※WPS機能を搭載している無線LAN親機の場合は、設定は上述と異なりもっと簡単です。

PC再起動で、ウィルスバスター自動起動、無線Lan接続も自動でなされるはずです。 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pcmemo.blog83.fc2.com/tb.php/483-ac747af9

パソコン知識メモについてのブログを表示する.