スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱暴走&電圧低下? で徒労10時間 

5/3(日)かつて経験したことのない、完璧なる無駄骨10時間!パーフェクトな徒労!

結論(推測)から言えるのは、熱暴走PC(PC-LG22HLFGG:以降"脳梗塞PC”と称する)と電圧不足環境下のPC(PC-GL14MLGG1:以降”低血圧PC”と称する)を同時に相手にしたことが苦労した原因です。

重病人を相手にしていることをついつい忘れたこと、健常者と同じ反応を期待しての操作が想定外の結果ばかりにより問題点の切り分けもいい加減になっていったこと。

そして、両PCとも治療を思いついたときには、操作不能状態に陥っていたことが、問題解決を複雑にし、10時間もの作業を無駄にしたことと言えます。

10時間の作業は、次から次に起こる想定外のトラブルへの対応であり、パニックの連続でした。

よって、うまく整理できていませんが、忘れないうちに覚えている異常現象とその対応について記録しておきたいと思います。

 

【低血圧PC】

今回の課題=HDDの換装

このPCは、前回HDDの換装に失敗したPCであり、その時の判断としては、余計なもの(USB接続のプリンタ複合機)が、ぶら下がっていたからであり、クローン作成の失敗が、作成先HDDに残滓を残し、これがクローン作成の再トライを不可能にしていたということでした。

しかし、今回分かったことは、クローン作成先としてUSB接続された新たなHDDが電圧不足でPCをフリーズ状態にしていたということです。

 

<13:30~14:30・・・事前測定>

前回の経験から、HDD換装は1時間もあれば十分であるから、換装前と後での効果をハッキリさせようと次のような事前の測定に余裕で時間を割いた。

・PC起動時間

・PC起動からIE表示までの時間

・IE表示時間(PC起動直後は、2回目は、3回目は)

・マイドキュメントやマイコンピュータのウィンドウ表示の時間

etc

<14:30~16:30・・・クローン作成開始>

期待通り、AcronisTrueImageでクローン作成の実行にこぎつける。

 

       (脳梗塞PCの処置に移動:別の部屋)

 

But!50分経過しても終了しない。しかし前回途中で止めたことによる弊害を経験しているので、少し我慢した。→フリーズしていることを発見!

 

<16:30~18:30・・・再トライのためにHDDをクリアに>

パーティション操作アプリで「パーティションの消去」を実行しようとしても、動作せず。(処理が実行されているのか不明のため、アプリの終了を選択すると「保留中の処理をコミットしてから終了しますか?・・・と意味不明のメッセージ)

進捗表示をしてくれる「WesternDejitaleのディスクチェックプログラムを使用することにした。

 

<19:00~20:00・・・・・クローン作成の再トライ開始>

1時間たっても処理は終わらず、やはりフリーズしていた。

殆どの操作ができない状態となる。

クローン作成は諦め、新ネット環境への移行のみを完成させようと考える

が・・・・

・印刷できない?

・プリンタドライバが必要?そんなばかな?

プリンターのマニュアルを取り出して確認したところメモが・・・。
おかしなIP アドレス(192.168.12.100)が記載されていた。

(後日、調べたら旧ルータのデフォルトIPアドレスは、なんと!192.168.12.1・・・・ありゃ!)

・プリンターのIPアドレスの変更方法をマニュアルで調べるが分からず、プリンター設定過程で対応するしかないのか?直接プリンターポートを変更できないのか?を検討しtがダメ。(プリンタポートの削除や新設も出来ない。)

・持参のノートPCで、新ルータ経由でプリンタを設定(新IPアドレス192.168.1.100として)して動作を確認できた。プリンタのIPアドレス設定は、ドライバインストール用CDにより行なうことを知る。なお、紛らわしいのは、いかにも事前にPCにもIPアドレスを手動設定しなければいけないような誤解を与えるような記述があることです。)

(後で冷静に考えれば、この時点で、低血圧PCではこの日は、クローン作成を試みただけで何も変更していないことを 肝に銘じておけばよかったのだが・・・)

(この時点で、印刷の可否に加え、インターネット接続について確認していればネットワークアダプタの異常を発見できたのだが・・・・・。
また、電圧低下の悪影響がネットワークアダプタにも及ぶことに気が回れば・・・・)

・プリンタドライバーインストールディスクを起動しようとするが。思うに任せない。

・途中ウィルスバスタの終了を促されるが、終了できない。

(スタートメニュー以外はフリーズ状態

・スタートメニューから再起動しようとするが、これも出来ない。

 

元の環境に戻すことにする(旧ルータに戻す)

<この時点で、諸悪の根源として電圧低下が考えられたら、そしてコンセントを変更していたら、その後の展開は大幅に変わったのだが・・・・。元に戻さずとも良かったし、ネットワーク関係の新たなトラブルにも振り回されずに済んだと思うのだが・・・>

・でも印刷できない?

・あれっ?ネットにも接続できない?

(この時点では、電圧低下の悪影響とは思いも及ばなかった。)

・ipconfig /all コマンドで設定がないことを確認

・ipconfig /release  とipconfig /renew を実行するが 取得できない。

・ネットワークアダプタに問題があるようだ?

 

昼間は、これほど(フリーズするほど)ひどくなったのは何故?

廻りを見渡す→大画面テレビが!室内灯が全開!説明書を読むために蛍光スタンドも点灯!・・・・電圧?!

TVを切る、蛍光スタンドを消す

PCを操作できるようになった!

 (この時点でも、電圧低下の悪影響が操作を邪魔しているとは考えていない。この低血圧PCでは、クローン作成を試みただけで本日は何も変えていないこと、クローン作成失敗がこのPCの設定に変化を及ぼすはずは無いことを念頭においていれば・・・・・・)

(この低血圧PCにおける、ほとんどフリーズ状態も電圧低下の悪影響を考えられたのだが・・・)

今がチャンスと「システムの復元」を実行!

ネット接続・解決嘘のようにきびきび動くようになった。

23時頃に漸く元に戻せた。

 


 

【PC-LG22HLFGG(脳梗塞PC)】

今回の課題は、無線LANアダプタを11nの新規格品に交換すること

 

脳梗塞PCでの対応の前に、11n規格対応の無線LANルータへの交換・設定は持参のノートPCで済ませておいた。

 

諸悪の根源は熱暴走?!

<14:45~15:00・・・起動時関等を事前測定>

 

<15:00~16:00・・・・・ドライバのインストール>

無線LANアダプタ用ドライバのインストールができない。

・ドライバーのCDを挿入するがオートランしない。

・CDを開き、SetUpメニュープログラムをダブルクリックするが起動しない。

・CD内のDriverフォルダのSetupファイルをダブルクリックするが起動しない。

・デスクトップにDriveフォルダをコピーして起動を試みるもダメ

・ハードウェアの追加で対応を試みるがダメ

・etc

 

・PC裏面が異常に高温になっているので、電源を切り、ひっくり返しアイスノンで冷やすことにする。

   (低血圧PCでクローン作成の再トライへ準備)

 

<16:30~17:00・・・・ドライバのインストール開始に成功>

  SetUpメニューの起動に成功・・・・冷却が奏効

 

    (低血圧PCの様子確認に)

17:30

ドライバのインストールに成功していない

・ユーティリティはインストールされているが肝心のドライバがインストールされていない。

・デバイスマネージャでの削除も利かない。

 

18:00

・冷却して、再度インストールを開始。

 インストールをつききりで監視する。
ウィルスバスターが邪魔していたのを発見!

・とにかく、ドライバのインストールに成功し、設定も完了

その効果は

 PC起動時間=5分→2分半に短縮される。

 IEの起動時間=PC起動直後55秒→45秒、2回目=55秒→16秒、3回目=1分5秒→55秒 

 と改善される。因みにその前は、時間の経過とともにIE起動時間は長くなる傾向にあった(発熱のため?)

また、リンク速度も11Mbps→65Mbps

 なお、この速度も発熱がひどいときには6Mbpsであった。 

 また、Radishによるインターネット速度測定では、1.7Mbps→19Mppsと10倍以上改善された。

 一件落着と思われたのだが・・・・

 

  (低血圧PCに注力することにする・・・)

 

18:30~

  友人が 印刷できないことを発見!

  原因は、プリンタのIPアドレスが「192.168.12.100」などという、思いもかけない設定(旧ルータは192.168.12.1)となっていたことであり、これに気がつくのに30分以上費やす。

  そして、その修正をしようとしたのだが、またまた熱暴走症状がひどく思うに任せない。

  操作不能状態に陥る。

  (とにかく低血圧PCに注力することにするのだが・・・)

 

20:00~

  低血圧PCでも印刷に加え、インターネット接続もままならないため、もとの環境に戻すことにする。

 

  しかし、ここでも 操作が思うに任せない。

  設定は正しいはずなのに接続できない状態が続いたが、新ドライバを削除したら解決した。

  元に戻せたのが22時頃?

 


まとめ  

 

今回実行しようとしたことは、以下の3つだけであり、2時間もあれば十分だったのだが・・・・・

1. 11n規格の無線ルーターの採用(ルータ交換)・・・・・・

  何の問題もなく、数分で済んだ。

2. 低血圧PCのHDD換装(クローン作成し差し替える)

  AcronisTrueImageの進捗インジケータが表示されないという仕様と
  電圧低下によるフリーズという予想外の原因は最後まで最後まで気がつかなかったことが、
  長時間の徒労を誘発した。

  しかも電圧低下が、ネットワークアダプタやPC操作を半フリーズ状態に陥れるとは・・・・・・

3. 脳梗塞PCの無線LANアダプタを11n規格のUSBアダプタに変更する。

  思わぬ熱暴走の影響とウィルスバスタの邪魔により、2時間以上を要したが一応目標達成した。

  しかし、プリンタに妙なIPアドレスが振られていた(旧ルータのデフォルトが192.168.12.1)から・・・
  そして、 熱暴走による操作不能が新たな困難を引き起こした。


<参考>

<電圧低下>

低電圧、電圧低下

 

最近起きた、うちでのパソコントラブル、それは電圧低下です。

http://blog.hgs-it.com/2008/11/15/%E4%BD%8E%E9%9B%BB%E5%9C%A7%E5%AF%BE%E7%AD%96/

ハードウェアの障害解析

http://www.technoveins.co.jp/information/techconsul.htm

 

勝手に再起動

http://questionbox.jp.msn.com/qa4370801.html

 

「それは電圧が低いからです」

http://www.soma.or.jp/~sendai/hanbai/transe.htm

 

 

電圧低下もトラブルの遠因

http://plaza.rakuten.co.jp/uncletom2005/diary/200608310000/

 

 

サーバーPCのトラブル顛末

http://www.yannies.com/blog/2009/02/pc_24.html

 

PCが受ける電圧低下の影響とは?(タコ足配線)

http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa49197.html

電圧低下による、再起動

http://questionbox.jp.msn.com/qa757028.html

 

<熱暴走>

ノートパソコン 熱暴走対策

http://sakuranet.blog60.fc2.com/blog-entry-61.html

パソコンの電源が落ちる時

http://sakuranet.blog60.fc2.com/blog-entry-5.html

 

ノートPCの熱暴走に気をつけよ!

http://allabout.co.jp/study/pcbasic/closeup/CU20070527A/

PCの熱暴走防止グッズ、やたら売れている?

http://www.excite.co.jp/News/bit/E1218386014676.html?tbpage=1

そうなると気がかりなのが、パソコンの温度。

http://jungknight.blog90.fc2.com/blog-entry-929.html

熱暴走

http://www.sorepaso.com/supportblog/2007/08/post-1.html

CPU 熱暴走 パソコンクリーニング

http://pcdock24.com/servicep/menu/cleaninginspection.html

 

<その他>

思いもかけないトラブル原因として過去には以下もありました。

・ネットに繋がらない→電話料金未納で差し止められていた。

・ネットに繋がらない→接続契約変更による設定の変更が必要だった。

・メールが受信できない→メールの契約を打ち切っていた。

 

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pcmemo.blog83.fc2.com/tb.php/494-10c51b3a

パソコン知識メモについてのブログを表示する.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。