Windows7のRC版をインストールしてみました。 

Windows7のRC版をインストールしてみました。

1.サイト「Windows7へようこそ」でイメージファイル(2.5GB)をダウンロード。

2.イメージファイル(iso)をDVDに焼きブートディスクを作成。

3.使い古しのHDDをPCに差し替える。

4.BIOSでブートドライブをDVDドライブに変更。

5.Windows7のブートディスクをDVDドライブにセットしPC起動。

6.インストールの所要時間は、約20分とこれまでのWindowsに比べ極めて短時間で終了した。但し、終了のメッセージが表示されないので、終了したのかどうか判断に戸惑いました。

【ちょっと操作しての印象(ほんの10-20分)】

・起動は素のOSで約50秒(殆どXPと変わらない。かえって遅いか?)

 確か、起動か操作感が軽快になったとかの評判をネットで読んだ気がするのだが・・・・・?そんなことも無いようだ。

・Windows7は、Vistaのマイナーチェンジに過ぎないといった記事も何処かで読んだのだが、正にその通りと思いました。

・現在のPCをWindowsXPのサポート打切り2014年までは使おう考えていたのですが、よりその意向を確かなものに出来ました。

 PCでテレビを見たいとも思いませんし、PC画面を指紋で汚したいとも思いませんので・・・・

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pcmemo.blog83.fc2.com/tb.php/501-c4e3da51

パソコン知識メモについてのブログを表示する.