WebメールをGmailに一本化・・・・ 

Hotmail、Yahooメール、Gmailとその時々で話題となったWebメールを適当に使ってきましたが、
そろそろ何かに一本化しようと検討した結果Gmailとなりました。
(ゆくゆくはPCメールのGmailに統合)

以下にGメールの主なメリットをあげます。

1.携帯電話でGメールを送受信できる。
 携帯電話でログインWebにアクセスしてログインする。ログイン状態を保持しておけば次回以降はユーザー名やパスワードの入力不要でさほで面倒ではない。

2.他のメールをGメールに取り込むことができ複数の種々のメールアカウントでもGメールで一括管理できる。
(1)プロバイダーのメールをGメールに取り込む場合。
 ・設定→アカウント→メールアカウントを追加で「ユーザー名」「パスワード」「POPサーバー」を設定

 ※最大5つまで追加できる。

(2)Gメール同士でもメールをダウンロードできる。
  方法は、プロバイダーメールと同じ。
  ※POPサーバーやポート、オプションを変更しないこと!

(3)他のWebメールをGメールに取り込む場合
  方法は、プロバイダーメールと同じ。
  ※但し、POPアクセスが有効になっているか要注意!
  (Hotmailは標準でOK、YahooメールはPOP有効に変更する)

3.メールソフトでGメールを読むことが出来る。
  POPとIMAPのどちらでも可能だが、IMAPがお勧めです。
【ThunderbirdでIMAPでの設定の場合】
 ・初めのアカウントの種類は「メールアカウント」を選択する。(Gmailではない!)
 ・受信サーバーは「imap.gmail.com」、送信サーバーは「smtp.gmail.com」
 ・セキュリティ設定は「SSLを使用する」を選択。(自動的にポート番号が993となる)
 ※ユーザー名は、メールアドレス!(@マーク付き)

4.メールソフトのメール(ローカルに保存済み)をGメールに移動することができる。

 メールソフト内でIMAPの機能を活用して移動できます。
 メールソフト内で対象のメールを選択し右クリックでコピー・・・コピー先の指定

5.GoogleChrome利用で一般的なメールソフトのようなウィンドウで操作できる。
 前回記事参照

6.圧倒的に軽快な動作、合理的な色々な機能・・・・

なお、GmailのメールをダウンロードしてPCにバックアップすることもフリーソフトで容易に出来ます。
お勧めフリーソフトは「MailStore Home」。(詳細は次回に)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pcmemo.blog83.fc2.com/tb.php/524-0f33606d

パソコン知識メモについてのブログを表示する.