スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google Chrome OS を試すまでの試行錯誤 

【GoogleChromeOS 開発版のニュース】
11/20日 朝一で、

Google Chrome OS」を、オープンソースプロジェクト「Chromium OS」として公開した。

という記事を目にする。
但し、この時点では、ダウンロード提供は無いものと思い、だから何?

 

【ダウンロードできるらしいが・・・】

午後3時頃に

Google Chrome OS 開発版 ダウンロード提供開始、普通のPCで動きます
とダウンロードできることを知る。

しかし、「仮想環境で動くイメージ版。動かすためにはVMwareが必要です。」。
VMwareをダウンロードするのに英語のサイトで面倒なユーザー登録が必要なことを知り、しばし躊躇する。

VMwareのダウンロードページ
ユーザー登録のサイト
 

【今回は静観する。ChromeOS手にしないことにする。】
その後、「Google ChromeOSをインストールしてみた!」の記事で、
「動作は、かなり不安定で、すぐ固まったりしてまだまだ使いものにならない感じです。」

との感想を読み、今回は静観しようと決めた。

【心変わり】
夜、

VMwareのバージョンアップも今日あったし、VMwareは何かと便利そうなので、

VMware Playerだけでもいじってみようかという気になった。ここからが苦労の始まり

 

(1)VMwareでのユーザー登録とVMwarePlayerのダウンロード
ユーザー登録に、そしてダウンロードするものを選ぶのに苦労した。
VMwarePlayerのインストールは簡単でした。

 

(2)ChromeOSの仮想アプライアンスのダウンロード
ここでも、英語サイトでgdgtの会員登録が必要であり、大いに苦労しました。

ともかく、ChromeOSの仮想アプライアンス(仮想イメージファイル)なるものを入手した。

 

【試行錯誤】
VMwarePlayerは簡単にインストールできたものの、ChromeOSの仮想アプライアンスのマウントがどうしても出来ない。

・ダウンロードしたものが違うのか?

・ダウンロード過程でファイルが欠落したのか?

・はたまた何か自ら作成しなければならないのか?

 

そこで、ChromeOSではなく、何か他の仮想アプライアンスを使ってVMwarePlayerの動作を確認することにした。
そしてUbuntu910の仮想アプライアンスをダウンロードしVMwarePlayerで確認したところ、至って簡単に動作した。
・UbunttuとChromeOSとのファイルの違いは、vmxファイル(環境構築ファイル?)が無いことであり、これがVMwarePlayerにvmdkファイル(仮想イメージファイル)をマウントできない原因と思われた。

 

【解決】

・vmxファイルを自ら作らないといけないのか?何処かからダウンロードできないのか?等々とWebを探し回り、運よく

窓の杜 - 【特別企画】Googleの新OS「Chrome OS」のオープンソース版「Chromium OS」を試す」の記事に行き当たりました。

 

記事の通りに操作してめでたく、ChromeOSを動かすことが出来ました。

 

【感想】

・出来損ないのGoogleChrome。(数回のマウス操作で、すぐにフリーズする)

OSらしい操作は全くできない。まだ、GoogleChromeのほうがOSっぽい。

苦労してまで、試す必要は全く無い。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pcmemo.blog83.fc2.com/tb.php/601-27190a9c

パソコン知識メモについてのブログを表示する.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。