スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アプリケーションエラー svchost.exe 

昨日も発生したトラブルですが、今日はPCを使えないほどひどい症状となりました。

起動直後に
「アプリケーション エラー svchost.exe -
"0xXXXXXXXX" の命令が "0xXXXXXXXX" のメモリを参照しました。メモリが "read" になることはできませんでした。・・・・・」
というエラーメッセージが表示され、さらに暫くしてから
「Generic Host Process for Win32 Services
問題が発生したため Generic Host Process for Win32 services を終了します。
Generic Host Process for Win32 Services はエラーが発生し閉じられる必要がありました。」
のメッセージが表示されました。

PCの挙動は殆どフリーズ状態であり、「Ctrl+Alt+Del」も「Ctrl+Shift+Esc」も終了ボタンも受け付けない状態です。

<対処1>
電源ボタンで強制終了・起動を何度か実行しても現象は改善しませんでした。(昨日はこれで改善)

<対処2>
Safeモードでの起動や終了に問題の無いことを確認。
Safeモード起動・終了後に通常モードで起動してみましたが、改善されず。



インターネットで情報収集したところ、大分昔からこのトラブルはあったようです。
03/12/09 [教えて!goo 「svchost.exeのエラー」]
しかし、ここでは解決されていないようですし、私の場合と原因は違うようです。

解決に役立った情報は、総合解説サイト「MEMORVA」のこちらのページです。



<対処3>
「MEMORVA」による原因3(Windowsのアップデートの失敗)のケースと考え、以下を実行した。
(確かに1-2週間前からMedia Player10のセキュリティ関係の更新に失敗していた。)

1.セキュリティの自動更新をオフにする。
 起動直後に(エラーメッセージが表示される前に)「スタート」→「コントロールパネル」→「システム」→「自動更新」で、 「自動更新を無効にする」を選択し、OKをクリックした。

2.Windowsを再起動。
確かに「svchost.exeアプリケーションエラーは、自動更新を監視するプロセスで発生していたため、 自動更新を無効にすると、エラーが発生しなくなります。」であった。

3.手動でWindows Update。
 やはり、アップデート対象としてMediaPlayer10が表示され、このアップデートを実行したが、これまで同様「アップデートに失敗しました」となった。

4.MediaPlayer11をインストール(10ではなく)
 MediaPlayer10本体を直接インストールし直そうと考え、MicrosoftのWebサイトを探すと、バージョン11があったので10ではなく11をインストールすることとした。

5.再度Windowsをアップデート。
 今度は更新対象として「Mediaフォーマット11SDK(KB929399)」がリストアップされ、アップデートにも成功した。

6.Windowsを再起動。

7.セキュリティの更新を「自動(推奨)」に戻した。

と、ここまでの対処でエラーメッセージは表示されなくなり、PCの半フリーズ状態、終了も出来ない状態は改善されました。

しかし、インターネットでのページ表示の遅さは相変わらず・・・
Bフレッツなのに、実効速度2Mbps程度のADSLよりず~っと遅く感じます。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pcmemo.blog83.fc2.com/tb.php/69-32e4eee2

パソコン知識メモについてのブログを表示する.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。