スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Joomlaインストール時の留意事項:MB language デフォルトについて 

Joomlaのインストールは、ブラウザでJoomlaをアップロードしたディレクトリにアクセスすることで始めるのですが、ランゲージの選択の次の「事前確認」のステップで躓きます。
【問題現象】
 「事前確認」で“MB language デフォルト:いいえ”となり、「いいえ」を「はい」にするのに苦労しました。(約3時間かかりました)
この件で沢山の人が苦労している様子がネットで伺えます。
この「事前確認」のヒントやネット上でも色々な対策が説明されていますが、一筋縄ではいきませんでした。
【対策】
レンタルサーバーでXserverを利用している場合は、以下の対策で解決します。
対策は「php.ini」ファイルを作ってサーバーにアップロードすることです。
(php.iniファイルの作り方)
・テキストエディタで以下の内容を記述しphp.iniのファイル名で保存する。
 mbstring.language = neutral
※最後に改行しておく
(アップロード先)
 サーバの一番上の階層(XXXX.xsrv.jpやssl といったフォルダが並んでいる階層です)にアップします。
尚、後々のことを考えると、php.iniには次の1行も追加しておいたほうが良さそうです。 
   display_errors=Off
関連記事
スポンサーサイト

コメント

有難うございました

はじめまして。私もXサーバーを使っていて、いろいろ試しても{はい}にならずに困っていたところ、この記事に助けていただきました。おかげさまで、無事インストールすることができました。
有難うございました!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pcmemo.blog83.fc2.com/tb.php/696-c1048307

パソコン知識メモについてのブログを表示する.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。