ウェブデスクトップ「StartForce」をトライ 

CNET Japanによれば「フュージョン・ネットワークサービスのGOL事業本部は4月19日、ウェブデスクトップ「StartForce(スタートフォース)」の機能を強化するとともに、表計算アプリ「EditGrid(エディットグリッド)」を搭載したと発表した。
 今回の機能提供は、ベータ版の強化にあたる。強化された機能は、デスクトップデザインの改善とマイドキュメントの強化、スタートメニューの機能追加。より使いやすいユーザーインターフェースを目指したという。」ということで、早速「StartForce」を使ってみました。

デスクトップのデザインは、Linuxのいずれかのデストリビューションのようです。

Webデスクトップの中にもブラウザが用意されており鏡の中の鏡のようで奇妙な感じです。案の定このWebでページ移動を行うとStartForceの外に飛び出してしまいます。(機能しなくなる)

また、今回追加されたという表計算アプリ「EditGrid」は、各種機能、操作性・軽快性等々、まだまだ実用にはほど遠く感じました。

EditGridを使ってみて、改めてGoogleの「Docs&Spreadsheet」の完成度の高さを見直すこととなりました。


WebOSといわれるものは、StartForce以外にも色々有るのですね。
デスクトップ環境をウェブで再現--ウェブOSの今後は?

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pcmemo.blog83.fc2.com/tb.php/85-9bc73a3a

パソコン知識メモについてのブログを表示する.