通信速度 記録更新 

無線LANカードとルーターを11ac対応に変更して、通信速度の高速化に成功。

ルーター設置場所:2階

 

 

1Fで測定

speed01

http://speed.rbbtoday.com/measurement

 

2Fで測定(ルーター設置部屋)

 

2


・ノートPC(Pavilion dv7-7000/CT)の
無線LANカードを「Intel AC 7260」に変更(標準:インテルN2230)

 

・auのルーター「AtermBL900HW」に「LSW4-GT-8NP/WH」をアクセスポイントとして追加設定。

内蔵の無線LANカードを換装した。 

 

11ac対応の

ノートPCの無線LANカードを11ac対応の無線LANカードに換装してパワーアップ

 

・ノートPC:Pavilion dv7-7000/CT
・内蔵無線LANカード:Intel® Centrino® Wireless-N 2230, Single Band
802.11b/g/n 300Mbps + BlueTooth 4.0
・回換装したLANカード:インテル® Dual Band Wireless-AC 7260
802.11ac 最大リンク867 Mbps+ Bluetooth 4.0

 

01

02

 

標準搭載されていた無線LANカード

P1050451

 

予め以下サイトでダウンロードしておいたドライバをインストールした。
https://goo.gl/QJNYZC

 

・Wireless_19.40.0_PROSet64_Win10.exe
・BT_19.40.1702_64_Win10.exe

 

【トラブルと解決】
1.Bluetoothの接続トラブル
→「Bluetoothデバイスの管理」の「Bluetooth設定」の検出欄にチェックを入れて解決

2017-03-04 (3)

Inked2017-03-04 (4)_LI

 

2.miracastの接続トラブル
→これといった対応はせずに解決。何度か再起動を行ったが。

メールトラブル:受信できない 

 

知人からインターネットトラブルでヘルプを要請された。
トラブルというのは、"メールが受信できない"ということ。
利用しているメーラーは「WindowsLiveメール」。

 

確かに、送信はできるものの受信は出来ない。

以下のエラーメッセージが表示された。

エラーメッセージ------------------
Topaz.plala.or (●●●) アカウントでメッセージを送受信できません。 サーバーは接続を解除しました。サーバーまたはネットワークに問題があるか、アイドル時間が長すぎた可能性があります。

サーバー: 'topaz.mail.plala.or.jp'
Windows Live メール エラー ID: 0x800CCC0F
プロトコル: POP3
ポート: 110
セキュリティ (SSL): いいえ
ソケット エラー: 10053
---------------------------------------------------------------

メールの送信は出来る。また、受信時に特にエラーも出ないのに、メールの受信が出来ない。
https://goo.gl/VCsgRr

「Windows Live メール エラー ID: 0x800CCC0F」でWeb検索して表示された対策。
https://goo.gl/cVmA53


上記Web情報を参考に次の対処を行った。

【対処】
1.ウィルスバスターとマカフィーが併存していたので、マカフィーをアンインストール。
2.タイムアウト時間を長くした。
3.アカウントを再設定した。
4.メールパスワードを変更した。:マイページにログインし、「会員登録情報変更」で「メールパスワードの変更」をおこなった。
5.「ぷららWebメール」にログインした。
https://web1.plala.or.jp/cgi-bin/mail/plus/webmail_login.cgi
「ぷららWebメール」では受信できていた。

 

【解決】
上述1~4の対処では解決しなかったが、5を実行後「WindowsLiveメール」でも受信できるようになった。何が奏功したのか???

 

尚、
ウイルスバスター クラウドが起動しない。アイコンが表示されない
https://esupport.trendmicro.com/support/vb/solution/ja-jp/1098242.aspx

最新バージョンをダウンロードしインストールした。

新品ノートPCでフリーズ頻発 

前述の

SSD換装後、プリンタや各種アカウント設定等を行いつつ動作確認をする過程で、以下のような不具合現象に遭遇した。


【不具合現象】
・フリーズ頻発。マウスポインタは動くがクリック操作は無効。

・アプリケーションのインストール中にフリーズ。

・マウスポインタだけが動く真っ黒な画面。
・シャットダウンすら出来ない。止む無く電源ボタンで強制終了。
・起動直後は、いくつかのアプリケーションを使用できるが、ちょっとしたことでフリーズ。

・タスクマネージャーで確認するとCPU使用率100%やディスクアクセス100%となっていることが多い。
・タスクマネージャーすら起動できないこともあり。

【解決】
電源のオプションで、「高パフォーマンス」を「HP推奨に変更」にしたら解決した。


参考にしたサイトでは「高パフォーマンスモード」に変更したことで解決したとのことだったが、当方では逆に「高パフォーマンス」を避けて解決。

 

同様のトラブル情報

Windows 10 でフリーズが頻繁に起こり、タスク マネージャーのディスクのアクセスを見ると 100% になっています

 

PC(Windows8.1/10)が重い原因はディスク使用率100%!改善方法をご紹介します

 

なんと、所要時間約8時間!

新品PCのセットアップ&SSD換装 

義兄が購入したPCをセットアップし、SSDに換装した際の記録。

 

■購入したPC:HP 15-ba000 (A6プロセッサーモデル)

※メモリーを個人が変更できないらしいので、購入時に選択可能な最大容量の8GBにカスタマイズして購入。

■購入したSSD:CT275MX300SSD1

■使用したクローン作製ソフト:EaseUSTodo Backup

 

<苦労したこと>

・SSD作成に、これまで利用してきた「Acronis True Image 2014」が使えなかった。従来通りCDブートを試みるが、エラーで起動できず。

やむなく、上記SSD作成ソフト「EaseUSTodo Backup」を利用した。

使い方は、以下サイトを参考にした。

https://www.youtube.com/watch?v=UusbhLP4WPU

 

・分解に一苦労。

HDD交換にPCの裏ぶた全体を外す必要があったとは!

これまで、何台ものノートPCのHDDを交換してきたが、これほど面倒なことは初めてです。

12本のビスを外し、隙間の殆ど無いところにヘラを無理やり差し込み、ビクビクしながらやっと蓋を外せた。(初代Macminiを分解した時を思い出した。)

 

使用したヘラ

P1050419

裏蓋をはずした状態

P1050416

な-んだ、メモリ増設できるではないか!

 

約20のアプリケーションのインストールを含め、所要時間6時間。

パソコン知識メモについてのブログを表示する.